歯科の紹介

更新日:2016/12/13

歯科の紹介

近年、マスコミでも度々取り上げられているように、むし歯や歯周病といった口腔内の病気が、全身疾患やQOL(生活の質)に大きく関与していることが分かってきています。

 口の中には約700種の、1mgの歯垢や唾液の中には数億個の細菌がいるといわれ、その細菌や毒素により心臓疾患、糖尿病、脳血管疾患、誤嚥性肺炎、早産、低体重児出産、敗血症などが起こり易くなり、歯がなくなった事による咀嚼能力の低下は 肥満、低栄養、骨粗鬆症、運動能力低下、認知症などにも影響します。

 また外科手術に際して 口の中を清潔に保っておくと、術後の合併症予防や体力回復が早まって 入院期間も短くなります。
 腫れや痛みといった症状がでる前にかかりつけ歯科を受診しましょう。予防は最大の治療方法です。

 

特徴・特色

 全身性疾患(高血圧、糖尿病、肝疾患、心臓疾患など)をお持ちの方や、車椅子での生活で歯科診療に困っておられる方は、お気軽にご相談ください。当院の医科各科やかかりつけ医院・病院と緊密に連絡を取って治療を進めていきます。
 
 健康な体を維持するためには、歯や口腔を健康な状態に維持することは極めて重要です。単なる治療に限らず、むし歯や歯周病の予防のための処置、歯ブラシ指導やメンテナンスも行っています。
 お口や顎のことで困ったことがあれば 当院歯科に何なりとご相談下さい。

 歯科の治療というのは、大変ストレスのかかる嫌なものです。少しでも緊張が和らぐように、環境や対応にもスタッフ一同心がけて仕事をしております。
 
 
 お口の健康は体と心の健康。よく咬んで、おいしく食べて、健康で長生きしましょう。
 
 

執筆者

歯科 医長  杉 英樹
専門医・指導医 日本歯科人間ドック学会認定医/岡山大学歯学部臨床准教授、医学博士
専門領域・得意分野 歯科一般、口腔外科

メディカル
インフォメーション 検索

診療科・部門で探す