高血圧について

高血圧について

●高血圧の原因
高血圧には種類があり、本態性高血圧と二次性高血圧の2つに分けられます。
ただし、前者が90%以上を占めますので、普通に高血圧というと本態性高血圧のことを指します。「本態性」とは原因がはっきりわからないという意味ですが、生まれつきの遺伝的な体質に種々の環境因子(生活習慣)が加わって発症すると考えられています。
環境因子としてはストレス、喫煙、アルコール、食塩、肥満、運動不足などさまざまなものがありますが、なかでも塩分のとり過ぎは高血圧の発症に大きく影響します。体は血液中に増えたナトリウムを薄めようとして水分(体液量)も増え、また余分なナトリウムを尿中に排泄しようとして腎臓に圧力をかけるため血圧も上がります。



●高血圧は“静かな殺し屋”
高い圧力が血管にかかり続けると、血管が膨らんで破裂したり、血管の壁に傷がついて、その傷がもとで血管が詰まってしまったりすることが起こります。これらが脳や心臓の血管に起こると脳出血、脳梗塞、心筋梗塞といった重篤な病気になるわけです。また高い血圧は心臓や腎臓に負担をかけ、心不全や腎不全を引き起こします。さらに問題なのは、かなり血圧が高くても高血圧自体ではほとんど自覚症状がないことです。知らないうちに高い血圧によって重大な障害が引き起こされるため、高血圧は“サイレントキラー(静かな殺し屋)”と呼ばれています。





●家庭で血圧を測ろう
高血圧の基準は診察室(外来)の血圧で最高血圧140mmHg以上または最低血圧90mmHg以上と定義されていますが、診察室や健診での血圧と普段の血圧にはしばしば違いがあります。
医療機関でのみ血圧が高くなる「白衣高血圧」はよく知られた現象ですが、これとは反対に家庭での血圧がむしろ高くなる「仮面高血圧」が心臓や血管の障害に大きく関係することが最近わかってきました。ですので、高血圧の患者さんはもとより、これまで自身の血圧にあまり関心がなかった方も、“静かな殺し屋”に忍び寄られないよう家庭で血圧を測っていただくなどして、日頃からご自分の血圧に関心をもちましょう。


                                                               

執筆者

内科 部長  堀尾 武史
専門医・指導医 日本内科学会指導医・総合内科専門医/日本循環器学会認定循環器専門医/日本高血圧学会評議員・指導医・高血圧専門医/日本心血管内分泌代謝学会評議員
専門領域・得意分野 高血圧/循環器

メディカル
インフォメーション 検索

診療科・部門で探す