糖尿病とフットケア

糖尿病とフットケア



皆さん、糖尿病と聞いたらどんなイメージが湧きますか? 

甘いものが食べられない、太った人がなる病気、合併症が怖い、等々のコメントをよく耳にします。

一言で糖尿病とは?と言うと、「高血糖が続く病気」と私は答えます。決して尿の中に糖が出ることが問題ではないからです。では高血糖になる原因は何なのでしょうか。色々原因はありますが1番の答えはインスリンの作用不足です。インスリンとは食事を摂取した際に血糖の上昇に見合った量が膵臓の細胞から血中に出るホルモンです。食事から摂取された糖分を体の細胞に送る架け橋となり、このインスリンの作用により血中の糖分がエネルギー源として細胞に取り込まれ、血糖は下がります。つまりは血糖を下げてくれるホルモンはインスリンのみと言ってもいいのです。しかし、肥満や糖尿病の家族歴がある人はインスリンの作用不足が生まれ、徐々に血糖が上昇します。そして高血糖が続くことで、全身の血管の壁がじわじわダメージを受け、やがて皆さんのご存じである合併症を引き起こしてくるのです。糖尿病はいわば血管病でもあるのです。

合併症の覚え方として、「しめじ」と「えのき」と覚えましょう。

全身の細い血管がダメージを受け、神経障害(し)、網膜症(め)、腎症(じ)が、太い血管がダメージを受け、壊疽(え)、脳梗塞(の)、虚血性心疾患(き)の合併症が現れます。

糖尿病のコントロールが悪いと、徐々にしめじとえのきの合併症が進行して行きますが、この細い血管の合併症が進行してしまうと、最終的に失明や人工透析が必要な状態にまで進行してしまいます。最新のデータでは失明の原因の第2位がこの糖尿病性網膜症であり、透析の原因の第1位が糖尿病性腎症なのです。

太い血管の合併症は糖尿病だけではなく、高血圧、脂質異常症、肥満、喫煙等が動脈硬化のリスク因子となります。仮に糖尿病のコントロールだけが良くても、その他のリスク因子がきちんと管理されていなければ、えのきの重大な合併症で命を落とすことにもなりうるのです。

そうならないようにするには早期発見、早期治療が重要です。

具体的には定期的な健康診断の受診や、すでに通院されている人は、通院の自己中断などがないようにしてもらうことが大事です。また一般的には糖尿病と診断され通院している人はHbA1c(過去1~2か月の血糖の平均値)を7%以下に留めること(最近は年齢等により、管理目標が異なります)、糖尿病以外の高血圧、脂質異常症、肥満等の動脈硬化のリスク因子を悪化させないこと等があげられます。

ここまで、糖尿病の合併症の話を中心にしましたが、皆さんはフットケア(足の入れ)という言葉をご存知でしょうか。

糖尿病患者様では神経障害がある方は足の感覚が鈍り、また動脈硬化で足の血流も悪くなっている方が多く、足の傷に気づきにくい状況となっています。ちょっとした小さな傷からばい菌が入り、不潔にしていた状態が続くと重大な感染症へと進展し、最悪足を切らないといけないほどに悪化するリスクがあります。足病変も糖尿病合併症の1つなのです。糖尿病の足病変を早期に発見するには、まずは足をしっかり観察することから始めましょう。不潔になっていないか、深爪をしていないか、靴のサイズがあっているか、靴擦れがないか、小さな傷ができていないか等、常に足に気を配ることから始めてみてはどうでしょうか。実は医療の発展した現在でも、糖尿病性足病変で下肢切断にまで至った人が年間3000人もおられるのです。

現在糖尿病が否定できない患者様はざっくりいうと40歳以上では5人に1人と言われています。増え続ける原因としては食生活の欧米化やライフスタイルの変化で肥満の方が増えたこと等、生活習慣に大きく関係してきています。合併症をおこさせないことで健常者と変わらない生活の質を維持すること、健康寿命の確保を目指すことが糖尿病のゴールとなります。

今後も患者さんは増えていくことが予想される糖尿病ですが、まずは糖尿病とは、特に足病変とはどんな病気かということを皆さんに知って頂けたら光栄に思います。

執筆者

内科 レジデント  重本 亮
専門医・指導医
専門領域・得意分野

メディカル
インフォメーション 検索

診療科・部門で探す