皮膚科オリジナルホームページ

私達は、患者さんをあらゆる方向から総合的に診察し治療する、総合皮膚科学を実践します。

皮膚科では、皮膚および爪、毛髪、口腔粘膜に変化を生じるすべての疾患を対象にします。皮膚疾患の原因や悪化要因を明らかにし、疾患に応じて標準から先端的なレベルで治療に取り組みます。当科で診療する疾患は多岐に渡りますが、特に皮膚腫瘍、自己免疫、感染症とアレルギー性疾患に力をいれています。

  • 1.皮膚腫瘍治療センターとして、形成外科と共同で良性腫瘍と悪性腫瘍の診断から治療まで幅広く対応します。
  • 2.急性感染症、発疹症など、急性疾患に随時対応しています。
  • 3.他科診療科と綿密に連携をとりながら総合的な診療を行います。

診療部長・責任者

担当医一覧

主な対象疾患

  • 1皮膚腫瘍
    皮膚に生じる腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。皮膚には、様々な腫瘍が発生するので、ダーモスコピーや皮膚生検などで診断します。
  • 2自己免疫性水疱症(天疱瘡・類天疱瘡)
    皮膚や口の中に水疱や口内炎ができやすくなります。体の中に自己抗体という皮膚や粘膜の接着装置を障害する成分ができることによって、水疱が生じます。副作用を少なく再発しないように、抗体価を測定しながら、きめ細やかに治療します。
  • 3アトピー性皮膚炎
    皮膚のバリア機能の低下と過剰な免疫反応(アレルギー)が原因で発症する疾患です。それぞれの患者さんによって、異なる悪化要因があります。スキンケアと適切な外用療法を主に、環境の整備や生活習慣を見直すことも時に必要になります。前向きに治療に取り組む患者さんを応援します。
  • 4尋常性乾癬
    免疫の異常と表皮細胞の増殖の結果、全身に皮疹が生じます。関節炎を合併することもあります。外用療法が治療の基本で、症状に応じて光線療法、免疫抑制剤などの内服治療を組み合わせます。治療抵抗性の人には、生物学的製剤という注射製剤を使用しています。治りにくい乾癬でお悩みの方はどうぞ相談ください。
  • 5蜂窩織炎
    顔面や四肢に突然発症し、境界不明瞭な紅斑と腫脹が、急速に拡大し局所の熱感、発熱と痛みを生じます。時に壊死性筋膜炎や敗血症になりますので、早期に抗菌剤の点滴投与を行う必要があります。迅速な入院に対応しますので、御相談ください。
  • 6帯状疱疹
    水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化し、神経領域に沿って水疱形成し、神経に沿った疼痛を伴うのが特徴です。早期に抗ウイルス剤を内服もしくは点滴投与します。特に頭頸部の帯状疱疹は皮膚症状や神経痛が強く辛い上に耳鼻かや眼科の診察も必要ですので、入院して点滴治療をお勧めします。
  • 7急性ウイルス性発疹症・中毒疹・薬疹
    全身に紅斑が生じ、発熱や粘膜症状が出現します。原因は、ウイルス感染症、細菌感染症、薬剤アレルギーなどが考えられます。ウイルス感染症と薬剤アレルギーは区別が難しく、ステロイド剤を安易に使用するのは好ましくありませんので、検査を行い慎重な治療を行います。

特徴・特色

紫外線治療

ナローバンドUVB, エキシマライト、UVA照射機器を用いて、乾癬、痒疹、掌蹠膿疱症、湿疹、白斑、脱毛症の治療を行っています。

白斑(ミニグラフト)治療

光線療法を行っても効果のない露出部の白斑にミニグラフトを行っています。局所麻酔をして、肌色の皮膚を白斑部に移植し、約2週間後から紫外線療法を併用する方法です(要入院)。遠方にお住まいの患者さんでも、お近くのエキシマライト治療ができる皮膚科施設と病診連携して治療ができます。

角質バリア機能測定に基づく外用相談

塗っているのに治らない。すぐ再発する、そんな時は、まずは自分の皮膚のバリア機能がどれくらいあるのか、測定してみませんか。角質水分量とTEWLを併用したり、発汗機能をみることによって、適切な外用剤や生活習慣を指導することができます。

フットケア

巻き爪や鶏眼を放置すると骨の変形につながることがあります。巻爪の治療は、テープ固定、ガーター法、コットンチップ充填法、巻き爪クリップなどを行っています。

「痛くない」いぼ治療

いぼの治療は液体窒素療法が基本ですが、痛みがともないます。モノクロ酢酸で痛みのないいぼ治療を行っています。みずいぼには、貼る麻酔薬で痛みのない治療ができます。

脱毛症治療

詳しい検査を行い、ダーモスコピー所見と組み合わせて脱毛の状態を検討し、治療を選択します。積極的に治したい場合は、ステロイドパルス療法、非特異的免疫療法(SADBE),ターバンPUVA療法、ステロイド局注療法などを駆使して治療にあたります。育毛剤、漢方やマイルドな光線療法も行っています。

※ 専門医師による特別な治療相談や精密検査には、1回30分以上かかりますので、最初に通常の診察を受けていただき、必要な検査や相談内容に応じて改めて予約をさせていただくこともあります。また、予約のない患者様の診療も受け付けておりますが、予約優先になりますので、当日の混み具合からおおよその待ち時間を受付でお伝えします。時間にゆとりをもち来院ください。発熱や急性期症状のある患者様は症状に応じて対応いたしますので、電話や受付でお申し出ください。

専門外来

当科では以下の専門外来があります。詳細は川崎医科大学総合医療センター皮膚科オリジナルホームページも参照ください。
腫瘍外来(皮膚腫瘍治療センター)
当院では皮膚腫瘍治療センターを開設しました。熟練した皮膚科医と形成外科医、看護師、コメディカルがチームとなり安心な腫瘍治療を実現します。皮膚腫瘍治療センターに属する医師により腫瘍外来を行っています。皮膚良性腫瘍から皮膚悪性腫瘍まで幅広く対応し、個々の患者さんに最も適した治療を考え実践していきます。
担当日時:月曜午前、水曜午前、木曜午前、
     金曜午後
担当:牧野、澤田
ご予約・お問い合わせはお電話で「腫瘍外来」とお伝えください。
乾癬外来
外用・内服療法、紫外線治療から生物学的製剤まで対応可能です。外用療法のみでなかなか改善のみられない場合これらの3つの治療法を組み合わせることで症状のさらなる改善が期待できます。セカンドオピニオンにも対応していますので、お気軽にご相談ください。
担当日時:月曜午前、木曜午前、金曜午前
担当:牧野、杉山
水疱症外来
全身の皮膚や粘膜にびらん・水疱を生じる難治性皮膚疾患です。専門的な診断方法(直接法、間接法、血清診断、電子顕微鏡など)をすべて院内で行うことができます。軽症から重症まで適切な治療法を選択し、治療効果判定も高度なレベルで行います。全国から重症例難治例の診断治療相談を受けており、セカンドオピニオンにも対応します。紹介状がなくても個別相談を受けています(要予約)。
担当日時:水曜午前
担当:青山
お電話で「水疱症外来」とお伝えください。
薬剤アレルギー外来
薬剤アレルギー以外の、原因不明の全身に生じる発疹症、急性蕁麻疹に幅広く対応しています。発症初期には、感染症とアレルギーの区別がつかない症例ほとんどですが、様々な可能性を考慮しながら治療に当たることが肝要です。当院は重症薬疹の診療拠点病院であり専門病院間で情報交換をしながら重症症例の診断治療を行っています。重症薬疹、薬剤アレルギー、原因不明の急性発疹症は診療時間内であれば優先的に診察します。時間外は救急外来で皮膚科医以外の救急担当医が対応します。
担当日時:薬剤アレルギー外来 水曜午前
担当:青山 他担当医
お電話で「薬剤アレルギー外来」とお伝えください。
その他、光線外来、発汗外来やフットケア外来を行っています。詳細はオリジナルホームページも参照ください。こちらの外来は初診担当医に相談の上、外来予約をいれますので、どの曜日でもご相談いただければ幸いです。

実績

平成28年4月~平成29年3月

全身麻酔手術 17件
局所麻酔手術(含生検術) 471件