もの忘れ外来

外来日時
火・金曜日 午前(8:30~11:30)
診療科
内科
担当
内科 部長  和田 健二
ご予約・お問い合わせ
086-225-2111(代)
お電話で「もの忘れ外来」とお伝えください。

診療内容

 わが国では、65歳以上の高齢者のおよそ15%が認知症を発症していると言われています。認知症はアルツハイマー病、レビー小体型認知症、血管性認知症など複数の認知症疾患があり、それぞれ症状も異なり治療法も異なります。また、認知症の前段階として軽度認知障害という状態があり、認知症への進行予防が重要と言われています。
 もの忘れ外来では、認知症や軽度認知障害の方を対象とした専門外来を行います。認知症専門医療相談として、鑑別診断およびそれに基づく初期対応やかかりつけ医との連携等を図ります。
 
以下のような気になることがありましたら、相談ください。
(1) 日常生活に支障を来すもの忘れ
(2) 計画を立てたり日常的な仕事が困難
(3) 家庭や仕事場、旅先で今までできていたことができない
(4) 時間と場所についての混乱
(5) 読んだり見たりしたものの理解や位置関係があやふや
(6) 会話や書字がとぎれる
(7) 物を置き忘れたり、記憶を辿ることができない
(8) 判断力が低下、または乏しくなる
(9) 仕事や社会活動からの引きこもり
(10) 気分や性格の変化

診療の流れ

1. 問診による病状、生活状況を聴取
  一般身体所見・神経学的所見の診察
  神経心理検査:MMSE、HDS-R、FAB、MoCA-J、ABC認知症スケール
  血液検査:ビタミン系、甲状腺機能など
2. 画像検査:頭部CT/MRI、脳血流SPECT、DATスキャン、MIBG心筋シンチグラフィ脳波検査
3. 結果説明・治療方針策定

診療科

部門

専門外来