薬剤部

薬剤部は、医薬品適正使用を推進していくために、患者さんを中心とした各種医療チームの中で他の職種と連携を図り、薬の専門家として薬物療法に貢献していきます。



“患者さんに優しい笑顔”と“暖かい心の伝わる応対”をモットーにがんばっています。


薬剤部スタッフ(平成29年4月現在)

  • 薬剤師26名(内パート2名)
  • 技術員3名

薬局からのお知らせ

  • 外来で処方されたお薬はその日に受け取りましょう。
  • 外来を受診された際にお薬手帳をお持ちであれば、会計にお出しください。
  • 入院される際は、普段飲まれている薬、お薬手帳をご持参ください。(電子お薬手帳には現在、対応しておりません。)

業務概要

調剤室

外来患者さんの調剤を行う外来調剤部門と入院患者さんの調剤を行う入院調剤部門があります。 オーダリングシステムの導入により、薬の重複や相互作用等のチェックを行い、薬の安全性が一層向上しました。
外来では、患者さんへ薬の情報をお知らせする「おくすりの説明書」を添付し、効能だけでなく飲み方や注意事項、主な副作用をお知らせしています。また、入院患者さんの退院時には「おくすりの説明書」に加えて「お薬手帳」を発行し、他の医療期間を受診される時にも、お薬に関連した内容がわかるようにしています。

医薬品管理室・製剤室

入院患者さんの注射薬を注射箋に従い配合変化や安定性等をチェックし、1回分ずつのセットにして病棟に払い出しています。ピッキングマシンを導入することで、より正確な注射薬調剤が可能となり、病棟における医薬品使用の安全性が向上しました。また、医薬品の購入、払い出し業務も行っています。
製剤室では、院内で使用する消毒薬や点眼薬、注射薬等の調製や、高カロリー輸液(TPN)の調製を行っています。

薬剤管理指導業務(服薬指導)・病棟薬剤業務

入院患者さんには各病棟の担当薬剤師がベッドサイドまでお伺いし、薬のお話をする中で、服用方法・使用方法、薬の効き方、副作用等の確認をします。薬の効果を最大限に引き出し、副作用を防止して、安心して治療を受けていただけるよう、患者さんから様々な情報を得ながら、薬学的管理を行っています。また、医師、看護師等の他の職種と協力しながら、薬の専門家として積極的に薬物治療に貢献しています。

外来化学療法室・調製室

ここで使用される医薬品は薬理作用の強いものが多く、効果・副作用・取扱い・管理等に十分な注意が必要となります。薬剤師は医師の処方箋の内容を確認し、薬剤が最も安全な状態で患者さんに提供できるように調製しています。 また、患者さん個々に合った薬剤の提案をして、不安なく治療を受けていただけるようコミュニケーションを取っています。

医薬品情報室

医薬品の情報は日々新しくなっています。この情報をインターネットや行政機関、各製薬企業等から収集・管理して、院内の各部署に発信します。また、医師、看護師など他の職種から薬に関する質問を受け、これに対応しています。

特色・特徴

当院では、多種多様な医療スタッフが各々の高い専門性を発揮して互いに連携・補完し合い、患者さんの状況に的確に対応した質の高い医療を提供するため、「チーム医療」を実践しています。薬剤師も多くの医療チームに積極的に参加し、薬の専門家として貢献しています。また、専門性を深め、チームの中でより活躍していくために、各種認定・専門薬剤師の取得も積極的に行っています。

感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)

ICT は、感染管理を担当する医師(ICD)、薬剤師(BCPIC)、看護師(ICN)、臨床検査技師(ICMT)、事務職員で構成され、医療関連感染の予防、対策を目的に活動しています。薬剤部からは、感染制御認定薬剤師 2 名を含む4名が所属し、週 1 回の病棟ラウンドや TDM による抗菌薬の投与設計、抗菌薬の選択や用法用量に関する相談応需、抗菌薬の使用状況のチェック、耐性菌の動向調査、スタッフ教育などを行っています。感染症治療に積極的に関わり、抗菌薬・消毒薬の適正使用の推進、耐性菌制御などに貢献しています。

院内感染対策室&ICT

栄養サポートチーム(Nutrition Support Team:NST)

NST は栄養不良の患者さんに対して栄養療法を多職種で実践、支援するチームで、診療支援部門の一部署として配置されています。所定の研修を修了した医師、薬剤師、看護師、管理栄養士から構成され、当院ではさらに、チームへの参加が望ましいとされている臨床検査技師、言語聴覚士もメンバーに入っています。褥瘡対策チームや呼吸サポートチームとも連携を進めています。薬剤部からは、日本病態栄養学会 NST 研修修了薬剤師2名、日本静脈経腸栄養学会 NST 専門療法士研修修了薬剤師 2名を含む 4名の薬剤師が所属し、週 1 回のカンファレンスと病棟回診に参加し、院内研修会やマニュアル作成などにも関わっています。

栄養サポートチーム(NST)

糖尿病チーム(Diabetes Mellitus Team:DMT)

糖尿病チームは日本糖尿病学会専門医、薬剤師、看護師、管理栄養士、保健師、臨床検査技師、理学療法士、事務職員で構成され、2 週間 1 クールの糖尿病教室を開催して患者教育にあたっています。また、糖尿病透析予防管理指導、自己血糖管理指導や栄養指導など様々な方面で携わっています。薬剤部からは日本糖尿病療養指導士(CDEJ)取得薬剤師 2 名が所属し、教室開催やインスリン自己注指導、テキスト作成、糖尿病週間行事、糖尿病患者食事会などに関わっています。

がん化学療法チーム

当院ではがん化学療法管理委員会の事務局を薬剤部が担っており、1名のがん薬物療法認定薬剤師を中心にレジメンの登録・管理を行っています。また、患者さんが安全かつ適正な治療を受けられるようカンファレンスにも積極的に参加し、抗がん剤治療を始める導入時には患者さんの状態確認や患者指導を行い、医師、看護師と共に患者さんの様々な苦痛を和らげるための治療を提供しています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、医師、薬剤師、看護師、MSW、管理栄養士などの専門的なスタッフにより構成され、患者さんとそのご家族の生活の質(QOL)を改善するため、疾患そのものに対する治療とともに、検査や治療の全ての場面で起こり得る不安や痛みをはじめとする様々な精神的、身体的ストレスなどの諸症状を和らげるように支援を行います。チームには緩和薬物療法認定薬剤師 1 名を含む薬剤師 2 名が所属し、病棟薬剤師や看護師などと協力して患者さんの症状や治療計画について薬学的にアセスメントし、病棟スタッフやチームメンバーに問題解決となる薬剤の情報提供をしています。また、週 1 回のカンファレンスで得られた情報を病棟薬剤師に伝えて、情報共有をしています。

ICU・周術期管理チーム

手術前の休薬指導、手術後の感染管理など、手術を受ける患者さんには高度な薬学的管理が必要です。ICU では一般病棟と比べ、より複雑な治療が行われるため、多職種で連携して患者さんの回復を支援しています。担当薬剤師が週 2 回の ICU カンファレンス、月 1 回の勉強会に参加しています。

脳卒中チーム

脳卒中チームでは、発症早期に迅速な薬物療法を行い、その後は後遺症を少しでも減らせるよう、多職種で連携しながら活動しています。担当薬剤師は脳卒中科のカンファレンスに毎日参加し、患者さんの服薬状況、副作用の有無などチーム内に情報提供を行っています。もも脳ネット(地域連携パス)にも携わっています。

HIV 診療推進チーム

HIV 診療には高い専門性と最新の知識が必要です。当院はエイズ拠点病院として HIV 診療をスムーズに行えるよう、医師、薬剤師、看護師、検査技師、ソーシャルワーカー、臨床心理士、事務職員が連携して情報共有しながら、チームで活動しています。担当薬剤師は、患者さんへの適切な服薬支援が行えるよう、院外の研修会に積極的に参加して最新の専門知識の習得に努め、患者さんの負担や苦痛の軽減、服薬アドヒアランス向上のため、他の職種と連携して活動しています。

入退院サポートセンター

患者支援センター内にある入退院サポートセンターでは、入退院に関する患者さんの不安や問題点を解消し、入退院を円滑に行うために、入院前から多職種で連携して患者さんをサポートしています。薬剤師は予定入院患者さんに対し、手術前に休薬が必要な薬剤の休薬指導や、術後管理が必要な糖尿病薬などの持参薬チェックを行い、他のスタッフと情報共有しています。

入退院サポートセンター

治験センター

当院では、新しく開発中の薬の有効性と安全性を検討したり、現在使われている薬の新しい治療法について調べるために、臨床試験(治験)を行っています。薬剤部は治験事務局業務を担当しており、治験がルール通りスムーズに行えるよう、治験コーディネーター(CRC)養成研修を修了した薬剤師を中心に、依頼者や外部の CRC とも連携しながら治験薬の管理・払い出し、患者さんへの服薬指導を行っています。

治験センター

専門分野への道

現在、感染制御認定薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師、糖尿病療養指導士などの認定を有する薬剤師がチームで活躍しています。日々の業務に携わっていく中で専門的な認定に挑戦する意欲のある薬剤師には、学会発表や各種チームへの参加などで活動実績を積んでもらい、認定取得をサポートしています。

がん薬物療法認定薬剤師

近年、抗がん剤による副作用の吐き気などに対して、効果的な支持療法が開発され、外来で化学療法を行う患者さんが増えてきました。また、がん細胞のみに特異的に効果を発揮する分子標的治療剤などが開発され、内服薬でも注射剤と同様な効果を示す薬剤が出てきました。このように治療の中心が外来に移行することで、患者さんへの指導がより重要になってきました。

我々薬剤師は、抗がん剤の投与量や投与スケジュールのチェック、無菌調製、患者さんへの治療内容の説明、副作用回避のための医師への処方提案などを行っています。がん薬物療法認定薬剤師は、抗がん剤についての専門的な知識を生かして医師、看護師などに情報提供するほか、治療を開始される患者さんに適切な説明を行い、継続して指導することで副作用予防対策をアドバイスしたり、発現した副作用についての対処法を医師へ情報提供を行っています。

緩和薬物療法認定薬剤師

当院では医師、薬剤師、看護師、栄養士、MSW などからなる緩和ケアチーム(PCT)があり、週 1 回のカンファレンスと PCT 回診を行っています。薬物療法に精通している薬剤師は、患者さんの状態を把握しオピオイドの選択、投与経路、製剤や剤型、投与量、レスキュードーズなどについて情報提供するなど処方支援で患者さんやご家族をサポートしています。また薬物間の相互作用や副作用対策にも注意します。
(草信 晴美 大阪薬科大学卒 1983 年入職)

感染制御認定薬剤師,抗菌化学療法認定薬剤師

感染対策には専門的で幅広い知識が必要であり、多職種によるチーム医療が重要です。ICT(Infection Control Team)は、感染対策に精通した医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師、事務職員で構成され、それぞれの専門知識を活かして、院内における感染症の発生抑制や治療に取り組んでいます。一人では解決できないような問題も、多職種の専門知識を集めチームで対応することで、解決への道が開けると実感しています。メンバー同士の距離も近く、働きやすい雰囲気です。

その中で薬剤師は、病棟ラウンドや TDM による抗菌薬の投与設計、抗菌薬の選択や用法用量に関する相談応需、抗菌薬の使用状況のチェック、耐性菌の動向調査、スタッフ教育など幅広い業務を行っています。特に、抗菌薬の選択や投与設計など、感染症治療に直結する相談を受けることが多く、抗菌薬の特性や患者背景、病態をふまえて迅速に対応する必要があります。専門職としての責任は大きいですが、自分の提案が治療に貢献できたときはとてもやりがいを感じます。

これからも感染症治療に積極的に関わり、抗菌薬・消毒薬の適正使用の推進、耐性菌制御などに貢献できるよう、日々研鑽を積んでいきたいと思います。
(滝波 昇悟 岡山大学大学院卒 1999 年入職)

実績

認定薬剤師・その他(平成29年4月現在)

  • がん薬物療法認定薬剤師 1名
  • 外来がん治療認定薬剤師 2名
  • 緩和薬物療法認定薬剤師 1名
  • 感染制御認定薬剤師 2名
  • 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
  • 日本糖尿病療養指導士 2名
  • NST 専門療法士 1名
  • 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 3名
  • 日本病院薬剤師会認定指導薬剤師 6名
  • 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師 9名
  • 日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師 14名
  • 日本病態栄養学会 NST 研修修了薬剤師 2名
  • 日本静脈経腸栄養学会 NST 専門療法士研修修了薬剤師 1名
  • 治験コーディネーター養成上級研修修了薬剤師 1名
  • スポーツファーマシスト 4名
  • 日本集団災害医学会PhDLS(災害薬事研修)インストラクター 2名
  • 日本臨床救急医学会 救急認定薬剤師 1名

所属学会

  • 日本病院薬剤師会
  • 日本医療薬学会
  • 日本環境感染学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本緩和医療薬学会
  • 日本病態栄養学会
  • 日本褥瘡学会
  • 日本腎臓病薬物療法学会
  • 日本薬剤師会
  • 日本化学療法学会
  • 日本 TDM 学会
  • 臨床腫瘍薬学研究会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本くすりと糖尿病学会
  • 簡易懸濁法研究会
  • 日本集団災害医学会
学術活動(2009年度~)

薬剤師教育

1 年目は各部署を回り、薬学的知識と日常業務の習得を目指します。外来調剤、入院調剤、注射薬調剤などの基本的な技能を着実に身に付け、約半年で当直業務を担当します。並行して、薬剤部内の定例勉強会、症例検討会などで最新の専門知識や薬学的ケアの実践能力を習得していきます。

2 年目からは、先輩薬剤師のフォローを受けながら病棟での薬剤管理指導業務(服薬指導)を担当し、カンファレンスなどにも参加します。2 年間で、調剤業務、病棟業務、注射薬(抗がん剤・TPN)の調製、DI などの基本的な薬剤師業務を習得します。

薬剤部では毎年薬学部 5 年生の長期実務実習を受け入れています。また、医科大学附属病院として他の職種でも多くの学生実習を受け入れており、病院全体で学生や新人を教育していく体制が整っています。

新人研修

川崎学園全体で行う新人オリエンテーションです。病院のシステムや医療人としての心構えなどを勉強します。他の職種の同期職員と触れ合うことができる貴重な機会でもあります。

各部署のローテーション

外来調剤室、入院調剤室、医薬品管理室、製剤室をローテーションし、調剤業務を中心とした薬剤師業務全般を身に付けます。

定例勉強会

毎週水曜日に、定例勉強会を開催しています。各薬剤部員が持ち回りで担当し、毎回テーマを設けて勉強会を主宰します。先輩薬剤師から専門分野の知識を習得するとともに、1 年目から発表を担当することでプレゼンテーション能力を身に付けます。

症例検討会

月に 1 回、病棟業務で経験した症例の検討会を行います。具体的な薬学的ケアの実践事例を共有し、臨床能力のレベルアップを目指します。

新人インタビュー

4月から川崎病院で薬剤師としての生活が始まり、5か月が経ちました。少しずつ病院や仕事にも慣れてきましたが、まだまだ日頃の業務や薬学的な知識、他職種の方々との関わりなど、未熟な部分が多く、医療に携わることの難しさを痛感しました。しかし、多くの先輩方に支えて頂き、一人前の薬剤師を目指して毎日頑張っています。
休日は岡山の祭り「うらじゃ」に参加したり、薬剤部の皆でスポーツや互助会の行事を楽しむなど、仕事だけでなくプライベートも充実した生活を送っています。
チーム医療の一角を担う存在として活躍できる薬剤師となるべく、これからも日々成長していきたいと思います。
(鈴木 遥 岡山大学卒 2016 年入職)

学会活動

2~3 年目以降は学会活動にも携わっていきます。日本病院薬剤師会、日本医療薬学会を中心に学会発表を行っています。学会に参加することで多くの刺激を受け、モチベーションアップに繋がります。