在宅療養支援センター

センター長 羽井佐 実
外科部長(特任教授)

センター概要

在宅療養支援センターは、2016年4月に川崎医科大学総合医療センターの診療支援部門として、患者診療支援センターの一部の機能として運営されていました。そこでは地域住民が住み慣れた場所で暮らすことができるよう、退院支援及び在宅療養支援を強化しております。
2016年9月からは近隣の訪問看護ステーションへ出向して在宅看護を経験しました。地域のかかりつけ医の先生方や訪問看護ステーション及び居宅介護支援事業所、岡山市地域包括支援センターの方々と連携を深めることができました。その学びと経験を基に、入院から在宅へ移行する支援を積極的に行ってきました。
そして2019年4月、患者診療支援センターから在宅療養支援センターを独立させ、訪問看護事業を展開することになりました。
地域住民の方々や、医療関係・介護施設等の方々にご理解とご協力を賜りながら、在宅医療・ケアの質の向上と発展に貢献してまいります。

在宅療養支援センタースタッフ

在宅療養支援センター長 羽井佐 実 外科部長
訪問看護ステーションかわさき 管理者 高橋 洋子 看護副師長
訪問看護ステーションかわさき 森 亜紀 看護主任
岡田 真紀 看護副主任
柳井 典子 看護師
竹内 未央 看護師
中村 まどか 看護師
天野 晃子 看護主任(兼)

診療科

部門

専門外来