リハビリテーションによる早期社会復帰の支援

救急医療の提供に引き続き、患者さんの機能回復やQOL(生活の質)の向上、早期社会復帰のために積極的なリハビリテーションの提供をいたします。

急性期リハビリテーションとはおおむね発症から数日後~1か月くらい(海外では2~5日で始めるのが良いとされている)の期間で治療直後もしくは治療と並行して行われるリハビリテーションを指します。
近年では早期のリハビリテーションにより後遺症の軽減や寝たきりの防止に努めることが望ましいとされています。


また、8階には、リハビリテーションセンター、54床の回復期リハビリテーション病棟及び屋上リハビリテーション庭園を集約しています。
医師や看護師はもちろん、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士などのスペシャリストが患者さんに寄り添い、最適な治療、リハビリを提供いたします。

病院情報

病院の特徴

統計・データ

施設紹介

倫理・方針