※ 画像は完成イメージ(パース図)です。

川崎医科大学高齢者医療センター
― 在宅療養を支援する病院 ―

※ 画像は完成イメージ(パース図)です。

川崎医科大学高齢者医療センターについて

超高齢社会を迎えた今日、急性期医療とともに地域の中での在宅療養の充実が益々求められています。2023年夏竣工予定の「川崎医科大学高齢者医療センター」では、加齢に伴って高齢者に多くみられる「転びやすくなった」「疲れやすい」「元気が出ない」といった「老年症候群」の症状に対して、生活習慣の聞き取りや栄養評価、身体機能の評価等を行い、必要に応じて看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床心理士・健康運動指導士など多職種と連携してその人にあった適切な対応を行います。
そして運動機能や心身の活力の低下といった、健康と要介護の間にある状態(フレイル)からの回復を目指し、健康長寿を推進してまいります。
また、在宅療養を支援する病院として、併設する訪問看護や訪問介護等と連携し、高齢者が住み慣れた場所で、自分らしい暮らしが継続できるように支援していきます。

川崎学園 岡山キャンパス

学園のルーツとして重要な地である岡山市北区中山下に2016年に開院した「川崎医科大学総合医療センター」に加え、2022年4月に「川崎医療短期大学」が新築移転予定、そしてその隣に3つ目の施設となる2023年夏竣工予定の「川崎医科大学高齢者医療センター」の工事が始まりました。これら3つの施設を「川崎学園岡山キャンパス」として、地域医療・医療福祉の充実と教育・研究の新たな拠点を整備し、超高齢社会に対応できる医療福祉人の育成に取り組んでまいります。


施設の概要

(現在作成中)

完成イメージ動画

(現在作成中)

工事の概要

建物用途 川崎医科大学高齢者医療センター(102床)
敷地面積 3,423.46㎡
建築面積 1,630.34㎡
延べ面積 6,707.76㎡
階数 地上 5階建て
構造 鉄骨造

工事の進捗状況

進捗状況

  • 2021年12月2日更新

2021年10月から基礎工事が始まりました。(2021年12月2日更新)


工事開始(10月)

杭打ち工事(10月)

矢板打設工事(11月)

堀削工事(12月)





所在地

岡山駅から岡山キャンパスまで路面電車(清輝橋線)で5分、徒歩で17分、天満屋バスステーションから徒歩3分という恵まれた交通アクセスになっています。川崎医科大学総合医療センターまで徒歩1分、川崎医療短期大学には隣接しています。
JR岡山駅 ▶
徒歩 1.4km 17分
岡山電気軌道(清輝橋線) 「田町(川崎医大総合医療センター前)」電停 5分