看護部について

About

理念・方針

理念・方針

看護部理念

看護の対象者と私たち提供者が互いに了解できる看護を提供します

方針

  • 看護の専門性を追求し、看護の質を高める
  • 対象者の意思を大切にし、尊厳を傷つけることなくお互いを尊重し合う
  • 適正な看護要員の配置と業務の効率性を高める
  • チーム医療において他部門との連携を深め、適正な業務分担を行う

令和元年度看護部重点目標

  • ベッドサイドケアの促進による患者中心の医療
  • 看護実践能力の強化と人材育成
  • 働き方改革の推進
  • 指定訪問看護ステーションの設立

<具体的取組内容>

  • ベッドサイドケアの促進による患者中心の医療

    1. 1) 主疾患のクリニカルパス作成と活用を促進する
    2. 2) ベッドサイドケアを重視したkawasaki PNS(パートナーシップナーシングシステム)を再構築する
    3. 3) 変化する患者の病態を速やかに理解し、退院後までを見据えた在宅療養支援を強化する
  • 看護実践能力の強化と人材育成

    1. 1) クリニカルラダーの4つの力を強化するための教育を推進する
      (4つの力:ニーズをとらえる力・ケアする力・協働する力・意思決定を支える力)
    2. 2) 専門分野の看護師増員と、専門分野の看護師を活用したOJT(事例検討等)を推進する
    3. 3) 自律した教育志向による自己研修プランを作成する
  • 働き方改革の推進

    1. 1) 各看護単位のナーシングインディケーター・超過勤務・休暇取得状況等を可視化する
    2. 2) 適正な勤務時間管理による業務プロセスを改善する
    3. 3) 効率的な業務を推進するための仕組みや機器等を導入する
  • 指定訪問看護ステーションの設立

    1. 1) 指定訪問看護ステーションの各種書類等を整備して、運営基盤をつくる
    2. 2) 訪問看護の学習をとおして、訪問看護の実践ができる
    3. 3) 近隣の関係事業所との連携による、当ステーションの理解と協働の仕組みを整える

看護形態