看護部について

About

理念・方針

理念・方針

看護部理念

看護の対象者と私たち提供者が互いに了解できる看護を提供します

方針

  • 看護の専門性を追求し、看護の質を高める
  • 対象者の意思を大切にし、尊厳を傷つけることなくお互いを尊重し合う
  • 適正な看護要員の配置と業務の効率性を高める
  • チーム医療において他部門との連携を深め、適正な業務分担を行う

令和2年度看護部重点目標

  • 入院から在宅療養につなげる重症化予防の推進
  • 対象者の多様化や複雑化に対応できる看護実践能力の強化
  • 看護の専門性を活かした働き方改革の推進

<具体的取組内容>

  • 入院から在宅療養につなげる重症化予防の推進

    1. ・主疾患の重症化予防を組み込んだクリニカルパス作成と活用を推進する
    2. ・重症化を見逃さない、患者の意向を理解するためのベッドサイドケア(PNS:パートナーシップナーシングシステム)を推進する
    3. ・在宅療養スタッフへつなげるための退院時サマリーの精度を高める
  • 対象者の多様化や複雑化に対応できる看護実践能力の強化

    1. ・継続教育の再構築:クリニカルラダー4つの力を強化するための教育計画を組み立てる
      (4つの力:ニーズをとらえる力・ケアする力・協働する力・意思決定を支える力)
    2. ・専門性の高い看護師を活用したOJT(事例検討等)を推進する
    3. ・看護師一人一人が強みを活かした自己研鑽プランを作成し、それを看護管理者が支援する
  • 看護の専門性を活かした働き方改革の推進

    1. ・看護職員の役割の明確化と業務基準を整備する
    2. ・適正な勤務時間管理による業務プロセスを改善するために12時間交代勤務を拡大する
    3. ・特定行為実践看護師の中期的倍増計画による効率的・効果的な多職種協働を推進する

看護形態