看護部について

About

チーム医療の実践

チームの一員としての役割を担いながら、
「頼もしい看護師」へと成長していく。

チーム医療の実践

学び合う看護

学び合う看護

当院の教育目標の1つは、“学び合う看護教育の推進”です。チームカンファレンスやチーム学習会を通じて多職種に学ぶ機会が多いのが特徴です。また、患者さんやご家族からの学びを大事にしていきます。

チーム医療

チーム医療

常に患者さんが中心です。患者さんにとって最良な医療を提供するために、惜しみなくミーティングを行います。多職種が同じラインに並び、フラットな関係で意見交換をしています。そのために、日ごろからコミュニケーションをとるようにしています。

チーム医療が実践されています。

整形外科手術
整形外科手術

手術は、患者さんにとって心身ともに大きな負担を強いられる治療です。手術チームは「安全で安心な最良の手術の提供」を共通の目的として、多職種がそれぞれ専門技術を持って協働しています。その中で看護師は、患者さんの最も近い存在として、ときには代弁者として、安全と安心を確保します。同時に、医師が最良の治療を行えるように必要な器械器材を準備し、場を整え、介助しています。

内視鏡
内視鏡

内視鏡では特殊な検査・治療をしています。他部門との協働も多く、よりチーム医療の連携を感じられるところです。
日進月歩の医療技術に遅れを取らないよう、また、24時間体制で専門性の高い医療を提供できるよう、チーム一丸となって取り組んでいます。

緩和ケアカンファレンス
緩和ケアカンファレンス
ICTラウンド
ICTラウンド

チームからのメッセージ

チーム医療の中での看護師とは?
ともに学び合うチームのメンバーに聞いてみました。

  • チームからのメッセージ 当院では医師、看護師、その他多くの職種が患者さん一人ひとりにあった医療を提供するため積極的に意見を出し合いながら治療を進めています。また、チーム医療において看護師は最も患者さんに近い重要な存在であり日々の情報交換を行っているため、必要なときには患者さんの状態を詳しく説明してくれます。

    医師/池本 直人

  • チームからのメッセージ 医療ソーシャルワーカーは、患者さんの療養生活上の問題や退院に向けて生じる問題解決の支援を行っています。毎日、近くで患者さんやご家族と接している看護師から得る情報は支援を行う上でとても大切です。そのため、病棟ラウンドやカンファレンスなどを通して看護師と密な連携をとっています。

    医療ソーシャルワーカー/鈴木 智恵

  • チームからのメッセージ 管理栄養士は患者さんの栄養状態を評価し、栄養管理を行います。患者さんの状態に合わせた食事対応が、リアルタイムに実践できるようこころがけています。そのためには看護師との連携が不可欠となります。看護師の情報をもとに栄養管理を行い、栄養状態の改善がみられた症例もあります。今後も専門性を活かした栄養療法へのアプローチを看護師に期待します。

    管理栄養士/小田 佳代子

  • チームからのメッセージ 当院のチーム医療の特徴は、患者さんに対し、話し合いの場が多くもたれていることです。看護師からはリハビリに必要な日常生活動作だけでなく日中のすごし方やご家族の希望など、新たな発見や意外な表情を教えてもらっています。また離床の際など、看護師はリハビリへの意識が高く、積極的に参加されており助かっています。

    理学療法士/大西 重徳
    ※2016年11月現在、川崎医科大学附属病院で勤務