看護部について

About

地域と歩む Kawasaki Nursing

“街の中心にある病院”として、
心の通った看護を大切にしています。
70年以上の歴史の中で培った信頼。地域とともに歩み、街を支えることのできる医療機関です。

地域と歩む Kawasaki Nursing

患者診療支援センター

当センターは、地域医療連携室、医療相談室、患者相談窓口、がん相談支援センター、病床運用係、入退院サポート係、在宅療養支援センターの7つのセクションからなる、多職種協働の職場です。
医療機関との窓口となっており、連携の要です。
患者さんやご家族の相談には、看護師、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士が丁寧に対応し、助言や支援を行っています。
入退院サポートでは、入院前から看護師が面談し、退院までの療養生活を総合的に支援しています。

患者診療支援センター
看護師の役割
  • 外来初診から入退院サポートセンターでの療養計画を立て、スケジュール化する
  • 入院直後から治療・看護をスムーズに開始する
  • 入院時から退院支援を考え、患者さんが安心できる退院を計画
  • 入退院のコーディネートをし、適切な病院を選定する
病床管理

看護師と事務職員が担当しています。看護師が患者さんに最適な病室を選びます。また、外来診察医師や、地域の医師からの予約入院を受けます。また、緊急での入院にも対応しています。ここを通って入院が決まります。

退院調整

専従の看護師が担当しています。退院に向けて、患者さん・病棟看護師・担当医師・医療ソーシャルワーカーと協議し、また医療機関とも連携しながら、自宅退院や他の病院への転院などをすすめていきます。患者さん自身がどうありたいかという気持ちを中心に支援します。

入退院サポートセンター

入院前に面談を行い、データベース聴取や入院前の準備などの説明をします。休薬は薬剤師に、術前リハビリは理学療法士に、医療費については事務職員に相談しながら、話をすすめます。安心して治療していただくために、入院・退院のイメージをしていただきます。

外来看護

外来看護では、看護師は診療の介助と指導業務を中心に看護しています。
患者さんやご家族の立場になり、専門性の高い看護が実践できるよう努めています。
さまざまな職種とチームを組みながらよりよい医療を提供しています。

●外来部門
毎朝、チームミーティングを行い、患者さんや各科の情報交換をし、外来全体で安全・安心・信頼される診療が行われるように努めています。
●看護相談・指導外来
看護師である糖尿病療養指導士を中心に、医師・管理栄養士・その他多職種でチームを組み療養指導を行っています。糖尿病透析予防外来では個人指導、糖尿病教室では集団指導で生活指導を行っています。
個々の患者さんの生活条件を考慮し入院から在宅への継続支援を行っています。
●フットケア外来
フットケア外来では足に悩みのある患者さんを対象に、笑顔いっぱいのスタッフが、フットバス・マシーンによる胼胝(たこ)や鶏眼(けいがん)の処置、そしてマッサージを行っています。ケアには30分程度かかりますが、患者さんには大変喜んでいただいています。