教育・キャリアアップ

Career-up

キャリアパス

キャリアパス

教育計画

看護部教育目標
  • 在宅を見据えた急性期看護を実践できる看護職員を育成する
  • チーム医療においてリーダーシップが発揮できる看護職員を育成する
  • 日本看護協会のクリニカルラダーを活用して主体的に看護実践能力の向上を目指す看護職員を育成する


教育概念図

継続教育

看護が専門化している中で、看護活動が拡大し、さまざまな形の専門能力が求められます
そこで、学習者のひとり一人が看護実践能力を高め、自己の成長が図れるよう段階別の継続教育を計画し実施しています。

特長

e-ラーニングを導入し、病院外でも学習できる環境としています。予習復習、課題テストをすることで習得できるしくみとなっています。

教育計画

新人看護職員研修

部署新人教育サポート体制
部署新人教育サポート体制<
PNS体制で、4月から約6ヶ月間は3人目のパートナー(フレッシュパートナー)としてOJTを行う。
新人看護職員研修
教育目的
川崎医科大学総合医療センターの看護師として社会性を身につけ、基本看護技術の習得をする
対象者:新人看護職員(1年目)
教育目的

クリニカルラダー別研修 2年目以上

ラダーⅠ 2年目以上
対象 ラダーⅠ申請者
サポーター
  • 教育委員
  • 認定看護師
目的
  • 看護の核となる4つの実践能力
  • ニーズを捉える力
  • ケアする力
  • 協働する力
  • 意思決定を支える力において、基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する
研修内容
  • エンゼルケア
ラダーⅡ
対象 ラダーⅡ申請者
サポーター
  • 教育委員
  • 専門・認定・特定行為研修終了者 等
目的
  • 看護の核となる4つの実践能力
  • ニーズを捉える力
  • ケアする力
  • 協働する力
  • 意思決定を支える力において、標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践できる
研修内容
  • 5大疾患の病態生理・看護
  • その他の12専門領域を選択式
  • フィジカルアセスメント2
  • 救命救急2
  • 感染管理2
  • 医療安全2
  • 看護倫理
  • 高齢者の意思決定支援
  • 人生の最終段階における尊厳の尊重と苦痛の緩和
ラダーⅢ
対象 ラダーⅢ申請者
サポーター
  • 教育委員
  • 専門・認定・特定行為研修終了者 等
目的
  • 看護の核となる4つの実践能力
  • ニーズを捉える力
  • ケアする力
  • 協働する力
  • 意思決定を支える力において、ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する
研修内容
  • フィジカルアセスメント3
  • 5大疾患に関する事例検討
  • 救命救急3
  • 感染管理3
  • 医療安全3
  • 高齢者ケアの意思決定支援
  • 人生最終段階における尊厳の尊重と苦痛の緩和

役割別研修プログラム 教育計画に戻る

新人教育担当者研修
対象 新人教育担当者
サポーター
  • 教育委員
  • 看護師長
目的
  • 新人教育の基礎を理解し、新人教育研修到達目標にそって支援する
  • 実地指導者(メンター・エルダー)と新人職員へ教育・関係調整と精神支援ができる
  • 自部署の問題点を他部署と共有し、問題解決(計画・実施・評価)に繋げる
研修内容
  • 新人看護職員研修ガイドライン
  • 新人パス・自部署教育の技術習得案の作成
  • シミュレーショントレーニングの指導方法
  • 各部署の新人会とメンター・エルダー会の開催
  • 各部署教育プログラムの作成
研修項目   研修内容 方法
1.新人教育における教育担当者の役割 4月
  • 新人看護職員研修ガイドライン
  • ・組織の理念と人材育成の考え方
  • ・教育担当者に対する期待
講義
GW
2.到達度の理解と設定 5月
  • ・新人パスの確認
  • ・自部署特有の技術習得案の確認
  • ・自部署における新人看護職員研修の到達目標の設定
  • ・自部署での教育体制の整備
講義
GW
3. 新人教育スキル 6月
  • ・シミュレーション
  • ・マイクロスキルズ
  • ・ギプスのリフレクションサイクル
  • ・プログラム立案(ガニェ9つの教授事象・研修アンケートの作成・
     ガニェ学習成果分類・テーマの絞り込み)
自己学習
4.フォローアップ 9月
11月
  • ・自部署の問題を抽出し、自部署の課題を他部署と共有する
  • ・新人看護職員到達度評価6か月の検討
GW
5.フォローアップ 1月
  • ・自部署の問題を抽出し、自部署の課題を他部署と共有する
  • ・新人看護職員到達度評価11か月に向けて
GW
新人実地指導者研修
対象 メンター(実地指導者)
サポーター
  • 教育委員
  • 看護師長
  • 新人教育担当者
目的
  • 新人看護職員研修ガイドラインを理解し、自部署で展開できる
  • 実地指導者に必要な知識・技術・態度を理解できる
  • 新人の体験学習の重要性を理解し、OJTが展開できる
  • 新人看護職員の職場への適応状況を把握し、研修が効果的に行えるよう指導及び精神的支援ができる
研修内容
  • 新人看護職員研修ガイドライン
  • シミュレーショントレーニングの指導方法
  • 新人教育の基礎(社会人基礎力・事実承認)
  • 技術面のリフレクションフィードバック
研修項目 実施時期 研修内容 方法 担当
1.組織の教育システム 前年度
1月
  • 新人看護職員研修ガイドラインから
  • ・当院の教育体制
  • ・メンターの役割について
読み合わせ 実地指導者研修修了者
新人教育担当者
2.個々のプログラムを立案する能力 3月
  • シミュレーション
講義 新人教育担当者
3.教育的に関わる力 4月
  • 社会人基礎力
  • 事実承認
講義 新人教育担当者
部署教育担当者
4.適切な関係性を築くコミュニケーション能力 不定期
  • メンター・エルダー会開催
GW 新人教育担当者
部署教育担当者
5.置かれている状況を把握し、一緒に問題解決する能力 6月
  • 実地指導者リフレクション
GW 新人教育担当者
部署教育担当者
9月
11月
  • ・9月新人のリフレクションフィードバックのポイント
  • ・11月ギブスのリフレクションシート活用し事例検討
講義・GW 新人教育担当者

その他のプログラム 教育計画に戻る

看護研究
対象 希望者
サポーター 院内外指導者
目的
  • 研究の基本的な学問と研究の取り組み方を学ぶ
  • 良い看護実践を行うための知識や理論を自分のものにする
  • 自己の看護観を深め、専門職としての自己の育成を図る
研修内容
  • 研究計画書 倫理申請の方法
  • クリニカルクエスチョン・リサーチクエスチョンの絞り込み
  • 自主的に学会に参加
  • (ナーシングスキルによる学習)
日時 研修内容 方法
4月 導入 ディスカッション
4月 文献検索 講義
5月 クリニカルクエスチョン GW
6月 倫理申請について 講義
7月 文献レビューの発表会 発表会
8月 リサーチクエスチョン(研究計画書) 発表会
以降、発表まで指導者からの個別指導
院内留学
対象 推薦者
サポーター 各看護単位スタッフ
目的
  • 部署では経験できない看護過程のアセスメント、部署では経験できない看護技術を習得し、自部署への看護に活かす
研修内容
  • 経験したことがない、看護技術、看護過程を体験学習する

学園合同研修 教育計画に戻る

リーダー育成研修
対象
  • 推薦者
サポーター
  • 看護師長
目的
  • ディズニーのテーマパークにおいて研修
  • ディズニー研修での体験学びを看護サービスに結びつけ実践
  • 実践を報告し他者と共有する
研修内容
  • 優れた人材育成術を体験し看護実践に活かすことができる
  • 所属部署における効果的な後輩育成ができる
ひまわり研修
対象
  • 推薦者
サポーター
  • 看護副部長
  • 看護部長付参与
目的
  • 他施設の看護現場体験により自施設での問題解決を見つける
  • 所属部署における効果的な後輩育成ができる
研修内容
  • 他施設の看護を体験
  • 臨床看護の専門性と価値創造 講義 グループワーク
日時 研修内容 方法
9-10月 「他施設での看護体験」 他施設研修
9-10月 「他施設からの看護体験受入れ」
12月 「臨床看護の専門性と価値創造」 講義
12月 看護体験交流による自部署の問題解決策 GW
看護サービスマネジメント合同研修
対象
  • 看護副師長以上
サポーター
  • 看護部長
  • 看護部長付参与
目的
  • 社会や制度改革、人々のニーズの複雑多様化等を踏まえ、当院の理念や看護部の方針・目標との整合性を図りながら、担当する看護単位の真の問題を明らかにし、その解決のために目標を掲げ、達成に向けたプロセスを展開できるの能力を育成する
研修内容
  • クリニカルラダー評価の振り返り
  • エビデンスに基づいた看護実践とナラティブによる価値創造
  • チーム医療に求められるbestプラクティス
  • 働き方改革に向けた取り組みの中間評価
  • 次年度の目標と戦略 看護部方針と師長としての戦略
医療介護福祉士事例検討会
対象
  • 医療介護福祉士
サポーター
  • 看護部 教員
目的
  • 生活を支える専門職としての介護士の資質を高め、患者のQOLの向上、介護と医療の連携強化を行なう
研修内容
  • 事例検討会により、介護実践力、介護チームのマネジメント力、多職種との連携、共同について振り返り評価する

ivナース研修 教育計画に戻る

レベルⅠ
対象 新人看護師
サポーター
  • 医師
  • 医療安全管理者
  • 感染管理者
  • 薬剤師
  • 教育委員会ivナース担当者
  • 各部署実地指導者
目的
  • 静脈注射の安全な実施に関する基礎的知識及び技術を取得する(使用する薬剤の作用・副作用に関する知識を含む)
研修内容
  • 静脈注射の基礎知識
  • 薬剤の基礎知識と安全管理
  • 実戦トレーニング
  • 実戦テスト・口頭試問
  • (ナーシングスキルによる学習とテスト)
レベルⅡ
対象 新人看護師及び、2年目以上の看護師
サポーター
  • 医師
  • 医療安全管理者
  • 感染管理者
  • 薬剤師
  • 教育委員会ivナース担当者
  • 各部署実地指導者
目的
  • 看護師による静脈注射実施の法的解釈の経緯を知り、看護師が行う範囲・状況について理解する
  • 予約方法としての静脈注射の特性・危険性を理解する
  • 静脈注射を安全に実施する
  • 安全な与薬の実践に際しての看護師の義務を理解する
  • 医療を受ける患者の権利を理解し、権利擁護のための看護師の役割と責務を自覚する
研修内容
  • 抗がん剤の作用機序と副作用
  • 麻薬の種類と管理方法
  • 輸血の種類と副作用
  • チェックリストテスト
  • (ナーシングスキルによる学習とテスト)
レベルⅡC
対象 2年目以上
サポーター
  • 医師
  • 薬剤師
  • がん化学療法看護認定看護師
  • 放射線科看護師
  • 教育委員会ivナース担当者
目的
  • CVポートの基礎知識、穿刺・管理方法について学び、注射業務を安全に行う
研修内容
  • CVポートの基礎知識
  • 穿刺管理方法
  • シミュレーションによる穿刺・抜針の練習
  • 実技チェック
  • (ナーシングスキルによる学習とテスト)
レベルⅢD
対象 レベルⅡ習得同等および3年目以上
サポーター
  • 医師
  • 薬剤師
  • がん化学療法看護認定看護師
  • 放射線科看護師
  • 教育委員会ivナース担当者
目的
  • 造影剤について理解できる
  • 造影剤の取り扱いについて理解できる
研修内容
  • 生物学製剤の取り扱い
  • 造影剤について
  • 造影剤の取り扱い
  • 造影剤検査の看護
  • (ナーシングスキルによる学習とテスト)
レベルⅢC
対象 レベルⅡ習得同等および3年目以上
サポーター
  • 医師
  • 薬剤師
  • がん化学療法看護認定看護師
  • 放射線科看護師
  • 教育委員会ivナース担当者
目的
  • 高度かつ特殊な静脈業務を安全に実施する
研修内容
  • 生物学邸製剤の取り扱い
  • 抗がん剤の血管確保および投与管理
  • 抗がん剤の副作用とその対策
  • 化学療法各領域
  • 抗がん剤の血管漏出
  • (ナーシングスキルによる学習とテスト)

看護補助業務研修 教育計画に戻る

対象
  • 医療介護福祉士
  • 看護補助者
サポーター
  • 看護師
  • 認定看護師
  • 多職種
目的
  • チーム医療の中の看護チームの一員として自己の役割を認識し、業務に必要な知識・技術・接遇を身につける
  • 病院の環境を知り、日々の業務を安全に且、医療スタッフと協力しながら実践できる
研修内容
  • 医療制度の概要
  • 医療チームの機能と役割
  • 看護補助者の役割・業務・責任
  • 守秘義務(倫理的思考を含む)
  • 医療安全
  • 感染予防の基礎知識
  • 当院の防災対策について
  • 身体拘束を防ぐ環境整備(認知症高齢者への適切な関わり等)と身体的拘束に関する考え方、代替え方法、介助に向けた方策など
  • 業務を遂行するための基礎知識
     口腔ケア・食事介助
     排泄ケア・オシメの当て方
     歩行介助・移送介助・車椅子への移乗方法・腰痛体操
  • 急変時の対応
  • 労働安全衛生の基礎知識
  • 今年度の振り返り
  • 次年度の課題・計画