かかりつけ医を持ちましょう

当院では近隣の医療機関と連携・協力し、
「かかりつけ医」をお持ちになることをお勧めしています。

かかりつけ医とは?

かかりつけ医とは、日頃から健康相談をしたり、患者さんやそのご家族の健康管理をしてくれる身近な医師のこと病気になったときは初期の医療を行う、地域の診療所や医院の医師のことです。そして、必要であれば、適切な専門医に情報を添えて紹介します。
かかりつけ医は普段の健康状態やこれまでの病歴など、多くの状態を知っているため、私たちの健康な生活を送る上で支えとなります。このような、かかりつけ医と病院の役割体制が地域内に確立されることで、治療効果や患者サービスの向上が図れるのです。そこで、私たち自身が、病院と診療所の役割をみきわめ、そのときの症状に合った医療機関を選択することも必要です。

当院は、皆様の「かかりつけ医」と連携しています

かかりつけ医から紹介をいただき、病院での検査や治療が終了したら、今度は病院からかかりつけ医に治療経過を報告し、その後のかかりつけ医での治療に役立てます。このように紹介状がかかりつけ医と病院との架け橋となり、より適切な医療を受けられるようになります。
受診の流れ
紹介状をお持ちいただく
かかりつけ医からの紹介状をお持ちいただきますと、今までの治療経過を活かして当院の診療がスムーズに行えますのでご協力をお願い致します。
かかりつけ医から予約が可能
かかりつけ医から直接、地域医療連携室にて FAX 予約を取ることが可能となっているため、来院日の調整をすることにより当日はお待たせすることなく、受診される診療科へご案内することが可能となります。

当院が目指す「地域医療連携」について

当院では、「地域医療連携」を推進しています。

地域医療連携は、患者さんがよりよい医療をよりよい環境で、円滑に安心して受けられるよう、当院と各医療機関及び開業の先生方のパイプ役として、活動することを目標として努力しています。
患者さまには、当院と連携を取ってくださる地域のかかりつけ医をご紹介いたします。

外来受診について

診療について

その他ご案内