直腸がんのロボット支援手術について

更新日:2020/04/06

直腸がんのロボット支援手術について

ロボット支援手術は、最初は前立腺がんの手術に導入され、2年ほど前に胃や肺、直腸がんの手術にも保険適用となりました。当院でも2020年4月より保険適用手術として開始します。
 ロボット手術というと人型ロボットを想像される方も多いと思いますが、4つのアームを持った工業用ロボットのようのイメージが正しいかと思います。ロボットのアームを患者さんの体内に挿入し、術者は少し離れたコンソールで操作します。モニターは3Dの画面なので奥行きもよくわかります。肉眼でルーペをかけてしているようなシーンをテレビで見かけますが、それよりもさらに細かい血管とか神経を拡大して見ながら手術できるため、少ない出血量で正確な手術を行えるといったことがロボット手術の特長です。手振れがなく、より細かい作業ができるのです。例えると、針の穴に糸を通すのがなかなか難しいところを、ロボット手術であればすっと通せる、そういった感じです。アームを入れるのは外からですが、それが行きつく骨盤はとても狭い空間であり、その狭い空間の中で細かい作業が可能となるのです。患者さんにとっては傷が小さくてすむことや、手術後の身体への負担がより少ないこと、早く日常生活に復帰できるといった、そういうところにメリットが表れてきます。いわゆる❝低侵襲❞ということです。
 直腸がんは肛門に近い場所なので、なるべく自然肛門を残したいというご希望が多いのも事実で、できるだけ自然肛門を残すような手術を心がけています。しかし、場合によっては自然肛門を残すために何か月間かの一時的人工肛門が必要な場合もあります。



執筆者

外科 部長  浦上 淳
専門医・指導医 日本外科学会専門医・指導医/日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医/日本消化器病学会専門医・指導医 /日本内視鏡外科学会技術認定医・評議員/日本臨床腫瘍学会暫定指導医/日本肝胆膵外科学会高度技能指導医・評議員 /日本胆道学会指導医・評議員/日本膵臓学会指導医/日本腹部救急医学会教育医・認定医・評議員/日本がん治療認定医機構がん治療認定医 /消化器ロボット支援手術 console surgeon/国際肝胆膵外科学会(IHPBA)/米国内視鏡外科学会(SAGES・FLS) /医学博士
専門領域・得意分野 肝胆膵/腹腔鏡下手術/大腸/ヘルニア/消化器一般

メディカル
インフォメーション 検索

診療科・部門で探す