トラベラーズワクチンのおすすめ

更新日:2016/11/28

海外に出かけるということ

子どもから大人まで、観光旅行から留学や仕事まで、開発途上国から先進国にいたるまで、当たり前のように海外へ出かける時代になりました。しかし、滞在先で感染症にかかった場合、せっかくの海外での生活が台無しになるだけでなく、命を落とすこともあります。たとえ軽い病気でも医療事情や文化が異なる国での受診や入院は不安が大きいでしょう。また、病気によって家族や周囲の方に迷惑をかけたり、病気を感染させてしまうこともあります。したがって、予防できる病気をきちんと予防することは、自分の身を守るだけでなく、周りの方々を思いやる大切な対策です。

岡山県予防接種センターについて

県民のみなさんが安心して予防接種をうけることができるよう、県の委託により「岡山県予防接種センター」が2011年に当院内に開設されました。

市町村や医療機関、住民の皆さんから電話でご相談いただき、必要に応じて当院で予防接種や情報提供を行っています。(図1)


     

(図1)                        (図2)

 

 

相談の半数近くが海外渡航に関する問い合わせで(図2)、感染症や予防接種の知識、海外経験が豊富なスタッフが対応しています。診療内容(文書料が必要なものや健康保険適用外の内容も含まれます)は、海外渡航に必要な予防接種(トラベラーズワクチン)だけでなく、留学時の英文診断書作成、マラリア予防薬を含めた海外での感染症対策、ダイビングや登山のアドバイス、帰国後の発熱など(小児のみ)の診療や動物にかまれた後の狂犬病予防を行っています。また、日本で生活する外国人の子どもたちも増えてきましたが、外国語の予防接種記録を解読し、母国の予防接種事情を理解した上で、彼らの予防接種にも対応しています。

 

まずは、岡山県予防接種センターのホームページをご覧になっていただき、気軽にご相談ください。

 

岡山県予防接種センター(川崎医科大学総合医療センター内)

電話相談日:毎週火・金曜日(午後1~4時)

受診日:要相談

電話:086-225-2355

 

担当者:中野貴司、田中孝明

執筆者

小児科 部長  中野 貴司
専門医・指導医 日本小児科学会小児科専門医・指導医/日本感染症学会専門医・指導医/ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)/国際渡航医学会渡航医学専門医/臨床研修指導医
専門領域・得意分野 小児科、感染症、予防接種、国際保健

メディカル
インフォメーション 検索

診療科・部門で探す