フットケア外来

外来日時
火曜日午後、第2・4金曜日午後
診療科
外科形成外科
担当
フットケア担当看護師
ご予約・お問い合せ
086-225-2111(代)
お電話で「フットケア外来」とお伝えください。

診療内容

近年、糖尿病など生活習慣病の増加に伴い、足の病変も増加し、重症化しております。年間大小含めた足の切断は1万人に達しております。そこで、このような状態を予防する意味でフットケアの需要が高まっております。

爪の切り方に対しては、白いところを全て切ればよい、ウオノメ・イボ・タコの処置に対しては、スピルコウを貼り付ける,剃刀で削り取るなど、誤った認識をしている方が多い傾向にあります。白いところを全て切る(深爪をする)など誤った爪切りで、爪が分厚くなる・巻き爪になる可能性があり、ウオノメなどの処置を誤ることで、痛みがさらに強くなることもあり、誤った処置で重症化する方も多くなってきております。

しかしこのような場合、どの科に受診したらいいのか分からないといった相談が多くあり、そういった足の病変に対する窓口を一本化するために、当院では2007年11月よりフットケア外来を開設し、ウオノメ・タコ・爪の病変・外傷などの変化を捉え、適切な処置や予防に対する指導を行っております。さらに歩行・靴の指導目的にて、靴マイスターとも連携し、足の状態改善に努めております。現在延べにして、3,700人の患者さんを診察してまいりました。

その他、爪のトラブル(巻き爪、爪肥厚など)に対する処置・治療(VHO法・テーピング法など)を行う、爪専門外来も開設いたしました。

正しい足浴・爪切り・角質処置・足の血流チェックなどの指導もいたしますので、足・爪のことでお困りの方はお気軽にご相談ください。そして、生涯歩行を目指しましょう。

VHO法