歯科

歯科では、「お口の健康は、体の健康、心の健康」をモットーに、一般歯科(むし歯、義歯、歯周病など)と口腔外科的疾患(抜歯、外傷、炎症、腫瘍、のう胞、顎関節症など)の治療を中心に診療を行っています。
また、全身疾患(高血圧、糖尿病、心臓病、腎臓病など)で、地域の歯科医院では治療が困難な方、車いすでの生活を余儀なくされている方など、必要に応じ主治医や当院医科各科と連携をとって、治療をすすめています。

近年、いくつかの全身疾患と口腔内の疾患がお互いに密接に関係していることが実証されつつあり、また、特に全身麻酔を含む手術においては、口腔の衛生は術後の合併症の低減に大きく役立っていることが分かってきています。これらのことを踏まえ、予防的観点からも診療に当たっています。

歯科外来では、分かりやすく、丁寧な治療、ストレスのかからない治療心がけており、患者さんの待ち時間を少なく、円滑な診療をするために予約制をとっていますが、病院歯科の特性上、救急処置や処置時間が予想以上にかかる場合もあります。予約時間が多少前後することもありますので、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

診療部長・責任者

担当医一覧

主な対象疾患

  • 1う蝕
    歯科治療に対して恐怖症の方でも、安心して治療ができるよう配慮しながら、無痛的な治療に心がけています。
  • 2歯周病
    いわゆる歯槽膿漏と言われ、口の中の歯周病菌が主な原因です。歯石を取り除き、丁寧にブラッシングをするだけでも、歯茎の状態はよくなってきます。ただし、自己流で「磨いているつもり」では逆に悪くなることもあります。当科では、「つまようじ法」を中心に各個人に合った磨き方を指導し、状態が安定すれば、数カ月おきに定期的にチェックを行っています。
  • 3歯の欠損
    歯がなくなったまま放置していると、咀嚼能力が低下するだけでなく、残っている歯が傾いたり、のびたり、顎が変形したりすることがあります。人工的に補ってやる必要があります。
  • 4抜歯処置
    地域の歯科医院では対処が難しい智歯や埋伏歯の抜歯。高血圧や心臓病、糖尿病、脳卒中後遺症、高血栓薬をお飲みの方、薬剤アレルギーをお持ちの方などで治療が難しい方などの抜歯を主治医と連絡を取り安全に丁寧に治療いたします。
  • 5腫瘍・のう胞
    口腔内にできる腫瘍やのう胞の治療を行います。
  • 6顎関節症
    口が開けにくい、開けたり閉じたりする時に顎にカクカク音がしたり、痛みがあるといった症状があります。原因を探り、機能訓練法、スプリント療法、薬物療法などを行い治療いたします。
  • 7睡眠時無呼吸症候群
    いびきをかく、寝ている時に呼吸が止まる、日中に急に眠気が出るといった場合、この疾患が考えられます。内科(呼吸器科)、耳鼻咽喉科と連携を取り、状態によりスリープスプリント(口腔内装置)を用いて治療を行います。
  • 8歯や口腔の外傷
    歯や口腔の外傷の治療には、できるだけ歯を残し噛み合わせを回復することが重要です。広範な顔面や顎の骨折を含めた外傷は、当院形成外科と連携し治療を行っています。
  • 9口腔粘膜の病気
    舌や頬の粘膜が赤くなったり、痛んだり、あるいは、痛みがないのに白い斑点ができたり、腫れや傷のようなものができたりと、口の中の粘膜は様々な変化を表します。
  • 10口腔乾燥症
    しゃべっていると口が乾く、食事時に水分を一緒に取らないと飲み込みにくい、夜間口が乾いて水を飲む、味が分かりにくいなど口腔乾燥症が疑われます。
  • 11舌痛症
    表面上は特別に異常がないのに、舌にピリピリ、ヒリヒリしたような痛みが繰り返し出ることがあります。様々なストレスも原因の一つと言われています。

特徴・特色

・歯科、口腔の疾患に幅広く対応できるよう努めています。
(歯科矯正治療、インプラント治療については、現在行っておりません)
・全身疾患(高血圧、糖尿病、心臓病、腎臓病など)をお持ちの方、抗凝固剤服用中の方などで、地域の歯科医院で治療が困難な方も、主治医や当院の医科各科と緊密に連絡をとり安全に治療を進めていきます。

・周術期口腔機能管理 ・・特に全身麻酔を含む悪性腫瘍や心・血管系の手術、あるいは化学療法を行う場合に、口腔内の衛生状態を良好に保つことは、術中・術後の合併症や口内炎などの薬剤の副作用の低減に役立ち、回復が早くなることが証明されています。当科では術前・術後に口腔内をチェックし、必要な処置を行っています。
・NST(栄養サポートチーム)コアメンバー ・・病気の治療や回復において、栄養管理はとても大きな要素です。そして、口から食物を摂る、咀嚼しておいしく食べるということは、QOL上からも大変重要なことです。

(歯科疾患単独での入院対応はしておりませんので、ご了承下さい。)