リハビリテーションセンター

センター長 目谷 浩通
リハビリテーション科副部長(リハビリテーション医学准教授)

業務概要

疾患や外傷に伴う種々の障害は、その発症からの時間経過や疾患の特性によって急性期、回復期、維持期(生活期)に分けられます。この分類はそれぞれの時期に応じて行う治療やリスクが異なるためです。当院では主として急性期と回復期のリハビリを担当しています。
急性期リハビリでは、疾患発症や手術直後の早期からリスク管理を行いながら早期離床や基本的生活動作の回復を図ります。回復期になると身体状況は安定し、積極的、集中的リハビリが実施され、早期自宅復帰を目指します。
また、記憶、認識、遂行等の障害を示す高次脳機能障害に対してもその現症を評価して専門的なトレーニングを行います。

理学療法(physical therapy:PT)

あらゆる疾患や障害に対して、自立した日常生活動作を可能にするために必要な基本的動作能力の獲得を図ることを目的として運動療法や物理療法を行います。現在は呼吸・循環機能のリスク管理を行いながら急性期や周術期管理の援助も重要な役割となっています。またスポーツ外傷・障害に対しても専門的なリハビリテーションを提供しています。

作業療法(occupational therapy:OT)

身体や精神の障害に対して、自主的な生活を獲得するために、身体能力の回復や新たな能力の開発を促し生活との適応を図ります。そのために種々の作業活動を用いて治療・指導・援助を行います。

言語聴覚療法(speech therapy:ST)

音声機能・言語機能・高次脳機能・聴覚機能などのコミュニケーション機能に障害のある人に対し、音声練習・構音練習・言語練習・嚥下練習・聴能練習を行います。さらに家族や周囲の人々に対して指導・助言を行い、コミュニケーションの確立を目指します。

PRとなる実績・症例数

365日リハビリテーション提供体制

種々の研究によって発症から早期に集中的なリハビリテーションの実施が効率的であることが解明され、厚生労働省もその実施を推奨しています。当院の回復期リハビリテーション病棟ではリハビリテーションセンター全員の協力によって、より良い回復を目指して365日リハビリテーションサービスを提供しています。

2017年4月現在
理学療法士
21名
作業療法士
11名
言語聴覚士
6名

実績

平成28年度実績

新規リハ開始患者数(入院) 理学療法:2,032名
作業療法:943名
言語療法:416名
内訳 中枢神経障害:464名
運動器疾患:686名
開復開胸術後・消化器疾患:337名
呼吸・循環器疾患:431名
その他:159名

リハビリテーション科