胆石外来

外来日時
-
診療科
外科
担当
-
ご予約・お問い合わせ
086-225-2111(代)
お電話で「胆石外来」とお伝えください。

診療内容

胆石症、胆のう炎などを中心に、消化器内科、健康管理センターと協力し診療に当たっております。手術は、原則、腹腔鏡下で行っており、出来るかぎり低侵襲に施行しております。手術が必要な場合に限らず、過去に胆石症、胆のう炎を指摘された方、発作などの症状に悩まれている方は一度受診をおすすめします。

胆石症

胆のうや胆管に結石を形成し、腹痛、悪心、嘔吐、発熱、黄疸などの症状を発症する病気です。初期には無症状で偶然人間ドックや健康診断で発見されることもあります。
症状が無ければ経過観察のみでOKですが、症状が出現すれば繰り返すことが多く、胆のう摘出手術の適応となります。また、経過観察中に胆のう壁の肥厚、腫瘤などが見つかれば手術が必要です。(炎症性の変化か腫瘍性の変化かの見極めが難しいため)
また、高脂血症、肥満との関連もあり、生活習慣病やメタボリックシンドロームの併存もあり全身的な加療を必要とすることもあります。