認知症・せん妄ケアチーム

責任者 和迩 健太
心療科医長(精神科学講師)

特徴・特色

当院の認知症・せん妄ケアチームは、医師(精神科医師)、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士などの専門職で構成されています。回診およびカンファレンスを毎週行い、主治医および病棟看護師とともに患者さんの身体、精神・心理、環境面といった多角的なアセスメントを行い、最善なケアを検討しています。また、各病棟には担当看護師(リンクナース)を配置しています。月に一回は、当チームメンバーと、リンクナース会を開催し、認知症やせん妄に関する研修や情報共有を行い、対応力向上を図っています。
高齢者の方、特に認知症を持つ方にとって、急性期治療を要する入院は強いストレスとなり、一時的な混乱、せん妄を呈すことや、認知症状が増悪してしまうことなどが懸念されます。急性期病院の質の高い医療サービスに伴い、当チームでは、患者さんが安心して入院生活が送れるよう、最善なケアを目指して活動を行っています。