輸血部

部長 片山 浩
麻酔・集中治療科部長(教授)

業務概要

輸血は現代医療に必要不可欠な補助療法です。輸血部は、輸血に関する検査と血液製剤の供給を担当している中央診療部門です。患者さんと直接お目にかかる機会は多くありませんが、安全で効率的な質の良い輸血医療を行うために輸血部と中央検査部が協力して24時間体制で活動しています。
臨床検査
血液型判定
不規則性抗体スクリーニング及び抗体同定
交差適合試験
その他の輸血関連検査
血液備蓄管理
血液型判定
日赤血液製剤の予約、発注、検品及び保管管理
自己血製剤の保管管理

特徴・特色

輸血とは、血液の成分を体内に入れるということから臓器移植・細胞治療の一種に他ならず、実施に一定のリスクを伴う(完全に安全ではない)医療行為です。そのため、輸血学に対する深い理解のもとに、危険性と効果のバランスが取れた適正な輸血を行うことが重要です。輸血部は、全ての科に受診される患者さんを対象として安全かつ適切な輸血医療を提供することに努めています。
人間の血液には、非常に多くの血液型があります。そのうちABO血液型とRh血液型は輸血をするうえで最も重要な血液型です。輸血部は中央検査部と協力して、血液型判定や交差適合試験など輸血に必要な検査の実施や血液製剤の供給に24時間体制で対応しています。
検出の頻度が低く輸血の際に適合する血液が得にくい血液型を「まれな血液型」と呼びます。輸血を必要としている患者さんが「まれな血液型」の場合は、同型の血液製剤が必要になります。また、輸血や妊娠など様々な原因で免疫された患者さんの体内に不規則性抗体が出現した場合は、その抗体が反応する血液型の赤血球を輸血すると、赤血球が体内で破壊され副作用を引き起こすことがあります。そこで、頻度の低い血液型や不規則抗体を持った患者さんに対しては、日本赤十字社の協力を得て、適切な血液製剤の選択と適合血の入手を行います。
また、輸血部では、大量出血時の止血管理、輸血の副作用や輸血後感染症への対応と予防を通して、患者さんが安全かつ有効な輸血療法を受けられるように取り組んでいます。

実績

平成28年4月~平成29年3月

1) 血液型判定(ABO式血液型) 3,243件
2) 血液型判定(Rh式血液型) 3,243件
3) 不規則性抗体(スクリーニング) 1,115件
4) 不規則性抗体(同定) 17件
5) 交差適合試験 3,374件