中央検査部

中央検査部長 北中 明
中央検査科部長(検査診断学(病態解析)教授)

業務概要

中央検査部は中央診療支援部の一つに属しています。検査部の関わる検査は、大きく“検体検査部門”と“生理機能検査部門”に分けることが出来ます。検体検査は患者さんの身体から採取される全ての検体(血液・尿・便・喀痰等)が検査対象になります。生理検査は患者さんの身体から得られる微弱な電気信号を記録して身体の状態を判断したり、超音波を用いて局所の状態を観察することで、その部位や臓器の状態を判断するといった検査を実施しています。

特徴・特色

中央検査部は川崎医科大学総合医療センターの理念のもと、全ての患者さんに対して24時間体制で安全・安心な検査を提供すべく日夜努力を続けています。また大学病院としての専門性を生かし日進月歩である医療の進歩に対応できる検査体制を整え、質の高い検査結果を迅速に報告することで各診療部門と患者さんから頼りにされる検査部であるように努力をしています。検査業務には国家試験資格だけでなく各専門分野における専門資格や認定資格を複数取得した専門性の高い技師が検査を担当しています。
また、当院中央検査部・輸血部・病理部は、令和2年3月24日付で公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)による、臨床検査室の国際規格ISO15189認定を取得しました。ISO15189は、臨床検査の品質と能力を客観的に評価する国際的な第三者評価であり、今回の認定取得によって、私たちが安全で質の高い医療を行うために必要な国際レベルの検査を提供していることが認められました。当院を受診される患者様には、精度が保証され、信頼性の高い検査結果をご提供いたします。

診療科

部門

専門外来