医療資料部

「医療資料部」は診療支援部門に属し、「情報管理室」と「診療録管理室」の2つの部署で構成されています。部署名が表すとおり、診療に関する「記録(診療録)」や「情報」を適正に「管理」することで診療を支援しています。
診療録は、電子カルテシステムによる運用を行っています。平成15年12月にシステムを初期導入し、その後、平成22年10月に更新し、平成28年12月の川崎医科大学総合医療センター開院にあわせ三世代目の電子カルテシステムの運用を開始しました。
患者さんと直接接することのない部署ですが、こうした大切なデータを厳しく管理し、また有効に活用することで医療サービスの向上に貢献できるよう、日々業務にあたっています。

特徴・特色

診療に関するデータを採取・記録するために、院内では様々な医療情報システムが導入されています。それらシステムを利用するための機器の設置や接続といったハードの整備、運用の管理、問合せへの対応をはじめ、より正確な診療録作成のため各種記録用紙等の書式を管理し、診療情報が適切に記録されているかをチェックしています。
医療資料部内の2つの部署で役割を分担し、情報管理室においては「医療情報システムに関するインフラ対応」「システム導入に関するサポート業務」「電子カルテ運営に関する業務」「学内サービスの設定、業務支援」「イベント準備と機器管理」を、診療録管理室においては「診療記録の管理」「院内がん登録」「情報収集・データベース化」「情報利用・提供」「DPC関連業務」「スキャン業務」を、それぞれで担っています。