総合がん診療センター

センター長 瀧川 奈義夫
内科部長(総合内科学4教授)

業務概要

根治を目指す早期がん治療の中心が手術療法であることは、今までどおり変わりなく当然のことです。また、食道がんや肝臓がんなどの切除に高度な技術を必要とする特定のがん種においても、従来の外科手術を中心とする臓器別診療体制が、診療上有効であることも紛れのない事実であります。しかしながら、専門的医療を希望する現代の患者ニーズに対して、がん薬物療法や緩和医療などの内科的医療分野においては、従来の外科療法を中心とする上述の体制は必ずしも効率的であるとはいえませんでした。例えば、がん医療の中でも放射線治療は以前から臓器横断的な診療体制をとることで、目覚しい成果を挙げてきた歴史があります。現代の専門的がん医療の現場では、手術療法以外のがん薬物療法や緩和医療の分野における臓器横断的な専門的診療体制の構築が最も重要と考えられています。(図1)
つまり、現在では豊かな学識と臨床技能を備えたそれぞれの専門医を中心に多職種で構成される医療チームとして高度な医療を提供することが、患者および患者家族から強く求められています。また特に、がんの診断についても良悪性の判断や原発巣の同定が難しい症例に対処する場合などは、総合内科専門医や放射線診断専門医、内視鏡専門医などを中心にいち早く確定診断を行うことこそが、良好な治療成果に直接結びつきます。このような臓器横断的診療体制とこれまで当院で実践してきた専門性の高い、多職種によるチーム医療を融合させ、がん診療の分野で有効性の高い臨床結果を得るために立ち上げたのが「総合がん診療センター」です。

図1

がん看護と緩和ケアの提供

看護面においても私たちは新たな取り組みを行っています。がん化学療法部門においては、専門病棟(11階西病棟)と通院治療センター(外来化学療法)を共通の看護体制の下、一体化して看護業務の運営を行っております。これは全国的に見ても稀な取り組みではあり、化学療法を受けている患者さんの入院治療⇔外来治療の間に切れ目のない継続的な看護・診療体制が確立されました。このことは、当院のがん診療における医療の質の向上に大きく貢献しています。また緩和ケア部門においては、14階東病棟に18床からなる緩和ケア病棟を新たに開設いたしました。以前から行ってきました当院と近隣のご開業の先生方との緩和ケアネットワークを生かしつつ、終末期患者に対する看取りの場の提供だけに留まらず、地域で施行中の在宅ホスピス事業や地域の外来緩和ケアを行っている患者さんの緊急時入院や専門的緩和医療の提供がスムースに行えるよう、有機的に活用・運営してまいります。

がん初診外来について

当院総合がん診療センターでは、新たに「がん初診患者さん」と「がん(疑い)患者さん」に対する専門的診療の受け皿を構築する目的で、「がん初診外来」を設立致しました。月曜から金曜までの毎日午前中の腫瘍内科診療枠にがん初診外来専用枠を設けます(月・木曜日担当:瀧川、火曜日担当:越智、水曜日担当:本多、金曜日担当:山根)。この外来においては、従来のように患者さんが“総合病院内をたらいまわし”されるような不利益は一切ありませんし、また当院「総合がん診療センター」では、がん患者さんの診療に携わるあらゆる診療科が一体となり、患者さんの利益に繋がるスピーディーな診療を心がけ、日夜努力してまいります。最後に、ご開業の先生方また地域医療に貢献されている病院にご勤務の先生方にお願いがあります。「がん」あるいは「がんの疑いのある患者さん」を当院「総合がん診療センター がん初診外来宛」に紹介していただければ、私たちが責任を持って診療にあたりますので、今後とも患者様のご紹介のほど宜しくお願い申し上げます。