緩和ケアチーム

責任者 山根 弘路
内科副部長(総合内科学4准教授)

業務概要

緩和ケアは、がんに伴う身体や心の問題を、単に病気に対応する医療としてだけではなく、社会生活なども含めて全人的に対応し、患者さんとその家族が自分らしい生活を送れるよう支えることを目標としています。現在、このような生活の質(Quality of Life: QOL)を重要視する診療体制の必要性は急速に拡大しています。近年臨床腫瘍学の分野においても、患者さんの複雑で多様化した“苦痛”に対して、多職種の医療従事者や専門家がチームとなって活動することが推奨されています。当院では、がんの積極的治療と専門的な緩和ケアを平行して提供可能なシステムを構築すべく、2011年4月に院内緩和ケアチームを立ち上げました。内科、外科、心療科、麻酔科などの医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなどの多職種のスタッフがチームを組んで、それぞれの患者さんに最もふさわしい医療を提供するために幅広い活動を行っています。

特徴・特色

当院の緩和ケアチーム(PCT)全体カンファレンスは毎週月曜日に行い、患者さんの現状、問題点およびその対策をチームメンバー全員で討議します。また毎週水曜日午前中に緩和ケアチームの病棟総回診を行い、具体的治療策の効果や対応策の評価、医療スタッフの活動の保証や助言などを通じて、患者・医療スタッフを専門的なチームメンバーが直接支援する機会を設けることで、患者QOLの向上に努めています。また当院は2012年度から岡山県がん診療推進病院に認定されたことから、PCT活動と並行して臓器別キャンサーボードを週1回、院内全体のキャンサーボードを2ヶ月に1回開催しており、PCTメンバーを含む、すべてのがん関連スタッフが診療の全体的なレベルアップを図るべく、日夜研鑽を積んでいます。その結果として、スタッフの中から緩和ケア認定看護師およびがん性疼痛認定看護師の双方が誕生しました。PCTに必須ともいえる、これらの専門性の高い看護スタッフを有する施設は県内に5施設しか存在せず、また日本緩和医療学会専門医や日本緩和医療薬学会認定薬剤師などの専門的医療スタッフと協調性を持って緩和医療を提供可能な施設は県内では当院のみです。(2016年8月31日現在)
これらは当院の特徴でもある、“患者さんへのきめの細かい医療提供”の礎となっており、当院PCTの誇りでもあります。我々は当院のがん診療を担う中心的な部門の1つとして、患者さんとその家族の苦痛を緩和し、高いQOLを維持することのできる全人的医療の提供体制を維持するため、専門的スキルを有するすべてのスタッフが連携して医療提供を行ってまいります。

実績

2015年1月から12月までに計44回のカンファレンスが開かれ延べ105名のがん患者さんについて検討し、具体的治療方針を作成しました。2013年と2015年のデータを比較するとカンファレスに参加した医療スタッフは延べ213人増加しています。
図1と図2はそれぞれ、患者さんのがん部位別および診療科別介入患者数を示しています。当院緩和ケアチーム介入例においては、肺がん、食道がん、胃がんの順で介入数が多く、また診療科別割合でも外科症例が約半数を占めていることがわかります。加えて、がん種や診療科数も少しずつ増加傾向が見られています。これらの原因として、当院では比較的治療早期からの緩和医療の提供に取り組んでいることが理由として考えられ、今後も患者さんのQOLを守るため、全スタッフが一丸となってPCT活動を続けてまいります。

  • 図1

  • 図2