斜視・弱視外来

外来日時
月曜午前(9:00~12:30)
火曜午後(1:30~4:00)
水曜午前・午後(9:00~12:30、1:30~4:00)
木曜午後(1:30~4:00)
金曜午前・午後(9:00~12:30、1:30~4:00)
診療科
眼科
担当
眼科 部長 長谷部 聡
眼科 医長 古瀬 尚
眼科 医師 小橋 理栄
眼科 医師 森澤 伸
眼科 医師 大月 洋
ご予約
086-225-2133(地域医療連携室、月~金曜日 午後1:30~4:30)
お問い合わせ
086-225-2111(代)
お電話で「斜視・弱視外来」とお伝えください。

斜視・弱視外来とは?

2013年に開設された斜視・弱視外来では現在、斜視・弱視に豊富な診療経験を持つ眼科専門医4名と、お子様にもフレンドリーな視能訓練士6名が診療を担当しています。昨年度は、中四国全県、さらに関東、近畿、九州地方からのべ4632名の斜視・弱視の皆様に受診していただき、477件の斜視手術を実施いたしました。

斜視手術は簡単な手術と誤解されがちですが、しっかり治すには、技術と経験が必要です。クリニックでは海外の専門医や研究者と交流しながら技術向上に努め、革新的な治療法(アジャスタブル手術や低侵襲斜視手術)に10年以上取り組んでいます。また院内では、小児科専門医、麻酔科専門医と密接な協力態勢にあり、小さなお子様にも安心して手術を受けて頂くことができます。

「長年、斜視には慣れているから」、「一度手術を受けたが治らなかったから」などとあきらめないで、ご相談下さい。しっかり検査して、しっかり説明する。納得できるまで説明をして手術に臨んでもらうことをモットーにしています。また「セカンド・オピニオンを聞きたい」場合にも、お気軽にご利用下さい。


斜視の手術を終え、くつろぐスタッフ(山陽新聞)

先進的治療の紹介

1. アジャスタブル斜視手術

斜視手術は見た目の問題とともに、立体視をはじめとする両目で物を1つに見る能力(両眼視)の回復・獲得をめざして行われます。一般的には、ずれた視線の角度にあわせて、経験的に得られた「術量-矯正効果関係」に基づいて、外眼筋付着部を数ミリ移動させます。しかし、「術量-矯正効果関係」には個人差があるため、斜視手術の成功率は必ずしも高いものではなく、残った視線のずれを治すため2度目、3度目の手術が必要になることが少なくありません。
アジャスタブル斜視手術では、手術終了後、視線の方向を確かめ、筋肉を眼球に固定する糸の結び目を移動させることで、矯正効果を微調整します(下図A-F、Orbit1.8で作図)。米国ジョンズホプキンス病院の報告では、再手術率が20~30%(通常法)から10%(アジャスタブル)まで改善するといわれています。特に麻痺性斜視、機械性斜視、再手術例など矯正効果の予測が難しいケースで威力を発揮しています。

2. 低侵襲斜視手術

斜視手術では外眼筋に到達するために、外眼筋をカバーする結膜(白目の部分)を一時的に広げる必要があります。一般的には、結膜を縦にまたはコの字型に広げる輪部切開(上図A, B)が行われます。しかしこの方法では、丁寧に縫合しても、白目の充血、腫れ、しわが長期間残ることが少なくありませんでした。
低侵襲斜視手術(上図D、スモールインシ―ジョン)では、経線方向においた4~5mmの小さな結膜切開創から全ての操作を行うため、手術創が極めてきれいになるのが特徴です(下図)。また術後の痛みや刺激が少なく、さらに癒着や瘢痕が少ないため、再手術が必要になった場合も有利です。


3. 乳児に対する斜視検査

3D映画や3Dテレビを楽しむには立体視の働きが必要ですが、立体視の発達は生後1歳半までに終了します。この期間、斜視の状態が続き、両眼視の機会が与えられないと、大脳視覚野における立体視の発達が得られず、後日、斜視が矯正されても立体視は回復しません。超早期手術では、立体視獲得を目指して、生後6~12か月の時点で斜視手術を行います。
治療を成功させるには、視線のずれの角度を正確に調べ、角度に基づいて、正確な手術を行うことが大切です。検査協力が得られにくい乳児でも、できる限り正確な斜視検査ができるよう、ビデオ・エンハンスト・ヒルシュベルグ装置(下図)などの研究を行っています。


(治療法が適応できるかどうかは、症例により異なります。)

斜視手術のスケジュール

○中学1年生〜成人の方は、多くの場合、局部麻酔で手術可能で、日帰り手術になります(ご遠方にお住まいの方は、入院または近隣ビジネスホテルに宿泊できます)。ご本人のご希望によっては、全身麻酔での手術もできますが、この場合は2泊3日の入院が必要です。
○乳幼児〜小学生6年生のお子様は、2泊3日の入院で、全身麻酔で手術します。
いずれの場合も、初診で手術日が決まれば、手術日の2〜4週前に術前検査においでいただきます。夏休みや春休みの治療をご希望される場合は、早めのご予約(半年〜1年前)をお勧めします。

斜視手術のクリティカルパスはこちら

診療実績

診療実績(2016年1月~12月)

斜視・弱視受診患者数
受診患者数 初診:770名
再診:4,279名
手術件数 全身麻酔:163件
局所麻酔:285件
斜視手術実態調査
調査項目 件数
1斜視手術 総数 448
(初回手術) 367
(再手術) 81
2手術眼 片眼 413
両眼 35
3麻酔 全身麻酔 163
静脈麻酔 0
局所麻酔 285
4性別 男性 237
女性 211
5年齢 0-9歳 111
10-19歳 101
20-29歳 42
30-39歳 32
40-49歳 33
50-59歳 32
60-69歳 43
70-79歳 46
80歳~ 8
6対象となった斜視 内斜視 129
外斜視 248
上下・回旋斜視 75
特殊斜視 10
眼振 3
7術式 直筋1筋(内・外・上・下) 153
直近2筋以上 276
下斜筋手術 20
上斜筋手術 1
筋移動術 7
眼科手術既往眼 18
筋に瘢痕や拘縮あり 11
Faden手術 0
調節糸法 18
Lost muscle手術 0

診療実績(2015年1月~12月)

斜視・弱視受診患者数
受診患者数 初診:940名
再診:3,692名
手術件数 全身麻酔:146件
局所麻酔:274件
斜視手術実態調査
調査項目 件数
1斜視手術 総数 420
(初回手術) 329
(再手術) 91
2手術眼 片眼 381
両眼 39
3麻酔 全身麻酔 146
局所麻酔 274
4性別 男性 187
女性 233
5年齢 0-9歳 96
10-19歳 101
20-29歳 32
30-39歳 28
40-49歳 34
50-59歳 30
60-69歳 40
70-79歳 50
80歳~ 9
6対象となった斜視 内斜視 127
外斜視 221
上下・回旋斜視 74
特殊斜視 9
眼振 3
7術式 直筋1筋(内・外・上・下) 180
直近2筋以上 217
下斜筋手術 25
上斜筋手術 1
筋移動術 4
眼科手術既往眼 50
筋に瘢痕や拘縮あり 10
Faden手術 0
調節糸法 18
Lost muscle手術 0

診療実績(2014年1月~12月)

斜視・弱視受診患者数
受診患者数 初診:755名
再診:2,980名
手術件数 全身麻酔:136件
局所麻酔:236件
斜視手術件数(年齢別)
年齢 全身麻酔 局所麻酔 合計
0-9歳 88 0 88
10-19歳 33 56 89
20-29歳 6 21 27
30-39歳 2 20 22
40-49歳 2 23 25
50-59歳 3 24 27
60-69歳 0 45 45
70-79歳 2 36 38
80歳~ 0 10 10
合計 136 235 371

診療実績(2013年1月~12月)

斜視手術実態調査
調査項目 件数
1斜視手術 総数 332
(初回手術) 288
(再手術) 44
2手術眼 片眼 299
両眼 33
3麻酔 全身麻酔 136
局所麻酔 196
4性別 男性 164
女性 168
5年齢 0-9歳 93
10-19歳 66
20-29歳 25
30-39歳 18
40-49歳 27
50-59歳 22
60-69歳 38
70-79歳 29
80歳~ 14
6手術対象となった斜視 内斜視 84
外斜視 161
上下・回旋斜視 67
特殊斜視 25
眼振 4
7術式 直筋1筋(内・外・上・下) 145
直近2筋以上 187
下斜筋手術 27
上斜筋手術 0
筋移動術 25
眼科手術既往眼 20
外眼筋に瘢痕や拘縮あり 4
Faden手術 0
調節糸法 23
Lost muscle手術 1