臨床教育研修センター

センター長 猶本 良夫
外科部長(教授)

業務概要

当院は平成23年4月学校法人川崎学園の運営する施設として、また川崎医科大学の第2の附属病院(川崎医科大学附属川崎病院)として新たな出発をしました。
平成28年12月、現在の地に新築移転し、新病院の名称を「川崎医科大学総合医療センター」としました。川崎医科大学の附属病院として新病院では、「地域住民に信頼され安全・安心な医療を提供できる病院」を基本方針とし、地域住民の皆さまが安心して暮らせる「救急医療」、がん治療など最先端の医療を提供する「高度専門医療」、患者さんの早期社会復帰を図る「リハビリテーション」を3本の柱に、患者さん中心の質の高い医療を提供しております。
臨床教育研修センターでは、医師、学生、看護職員等医療職員がよりよい環境の中で、積極的に研修・経験ができるようあらゆる面からサポートをします。
卒後臨床研修委員会では、委員長他20名の委員をおき、委員会においては研修全般について協議しています。当院のスタッフだけでなく、他病院の臨床研修に関る先生方の情報収集に努めるなど、活発に活動しています。また、その上部委員会として研修管理委員会が組織され、研修全般の統括的管理・運営にあたっています。


【初期臨床研修】
当院の初期臨床研修医用プログラムは3コース(①初期研修基本プログラム、②小児科研修プログラム、③産婦人科研修プログラム)の3コースあり、質の高いチーム医療の基盤の中で医師としての基本的な知識と技術、考え方や心得を学びます。一人ひとりのニーズに応えることができるよう、センター長、副センター長、プログラム責任者、プログラム副責任者、指導責任者、指導医は、研修医、メディカルスタッフと頻繁にコミュニケーションをとり、研修医によるオーダーメイドで質の高い研修環境を提供することを目標としています。

特徴・特色

当院の病院理念は、『医療は患者のためにある、すべての患者に対する深い人間愛を持つ、24時間いつでも診療を行う、先進的かつ高度な医療・教育・研究を行う、地域の医療福祉の向上と医療人の育成を行う』ですが、この理念に沿った臨床教育をすることが、患者さんだけでなく、全国の医大生、医療系大学生から選ばれることに繋がると考えています。
当院の医師、看護師等医療職員が 職域を越えての協力関係を肌で感じながらの研修は、医療人としてだけでなく、良き社会人としてのスタートを切るにふさわしい環境であると自負しています。
平成28年12月の新築移転を機に、新たに当院6階に、医療技術・スキルの習得や向上を支援し、医学教育の充実と発展を図り、利用者の卒前・卒後の医学・医療教育の実施を目的とする臨床教育研修センターを設けております、医師、看護師等医療職員、学生(川崎医科大学、川崎医療福祉大学、川崎医療短期大学、旭川荘厚生専門学院等)が必要に応じ、当施設及び当施設の機器を使用(予約要)して研修することができます。現在約60のシミュレーター等の機器を揃えており、病院内であれば、センター以外の場所で使用することも可能です(予約必須)。

【一例】初期臨床研修医を対象としたプログラム
「ウィークエンドカンファレンス」     土曜日8:00~8:30
「テクニカルカンファレンス」       各週土曜日8:30~12:00
「JJC(ジャーナルクラブ)」        木曜日17:00~17:30
「プライマリケアカンファレンス」     (随時)
「エマージェンシールームカンファレンス」 (随時)

スキルラボ

平成24年4月より稼働し、現在鋭意充実を図っています。